チャート分析

2018年大納会~今年の相場を振り返る

投稿日:

先輩
今年も終わりだなー。

たかし
今年もありがとうございました。

先輩
読者の方々も、お世話になりました。
と言っても、まだまだここは開設して数カ月。
来年もさらに飛躍できるように頑張っていきたいと思う。

たかし
来年も引き続きよろしくお願いします。

2018年大納会の日経平均は20014円

先輩
本日、大納会の日経平均は20014円となんとか2万円台を維持した形となった。

たかし
連日の値動きからは考えられないぐらいボラティリティが小さい日でしたね。

先輩
前日のダウが予想外に強く続伸となったが、売買代金もなんとか2兆と言ったところで、商いは薄い日になったな。

たかし
個別はいろいろ動きのある銘柄も多かったですが、全体としては小動きとなりました。
先輩
前日のローソク足にすっぽりと埋まっているはらみ足になった。
はらみ足の次の足は要注意となる。

たかし
大発会で大きく動く可能性もありますよね。

先輩
現在の相場の見方は昨日の講義でも話してきたが、ここからまた安値を割っていく動きにもなり得るので非常に難しい位置である。

たかし
まだまだ安心して買うことはできませんね。

2018年の相場は難しかった?

先輩
まあー今年はよく動いた1年になったもんだ。

たかし
2月の下落から復活し、また暴落と
アップダウンが激しい1年でしたね。

先輩
今年から株を始めた人達にとっては、難しいスタートになったかもしれないな。

たかし
こんなに株は難しいのか、と思ってるでしょうね。

先輩
逆に言えばいい勉強になっただろうし、そういう風に前向きにとらえてほしいもんだね。
今年の相場を経験すれば、簡単な時はこんな簡単なのか、と思えることだろう。

たかし
空売りの必要性も学習できる相場でしたし、経験値としては得るものが多かった1年だったんじゃないでしょうか。

先輩
逆に2017年は平和すぎたからなー
2017年の平和相場に慣れきってる人達は今年は相当苦しんだだろうね。

たかし
2017年は1年間上昇相場でしたもんね。

マザーズは1年を通して下落相場

先輩
2018年の日経平均はアップダウンが激しい動きだったが、マザーズに関しては、結局は下落する一方だったな。

たかし
週足で見ると、なかなかひどいチャートですね。

先輩
日足レベルでは「ここから切り返すかもなー」という場面も何度かあったものの、結局はことごとくダメだったな。

たかし
マザーズの下げで退場に追い込まれた人も多かったそうですね。

先輩
マザーズは個人投資家が多く参入している市場だし、基本的には買い主体だろうから、マザーズの下落は個人にダイレクトに影響を及ぼすよね。

たかし
10月末の下落と、12月末の下落、どちらもきつい下落でしたね。

先輩
マザーズの信用評価損益率は10月末に-30%
12月末は-35%となった。
これははっきり言って異常な数値だと思う。

たかし
マザーズは怖い市場だという印象も強まったんじゃないですかね。

先輩
だが、逆に上がる時は狂ったように上げまくる市場でもあるからな。
来年は2016年や2017年のようなテーマ株相場が到来してほしいもんだな。

たかし
待ち遠しいですね!

2018年の相場まとめ

先輩
今年1年は苦しんだトレーダーも多かったと思う。
難しい相場でしっかり勝つにはやはり勉強が必要だ、と改めて感じた人も多いんじゃないだろうか?

たかし
痛感しています。

先輩
簡単な相場で勝ち続けても、今年のような相場で大負けするようでは意味がない。
トレードを行っていれば、必ず暴落相場は定期的にやってくるものだ。

たかし
やはり常に暴落する警戒感は持っておかなければいけませんね。

先輩
暴落相場は避け、簡単な相場だけ参加するのも良いだろう。
しかし、暴落相場でも勝ち続けたいなら学習していくしかない。
相場で勝ち続けることができる人間は、相場に真剣に向き合っている人間だけだ!

たかし
来年も頑張りましょう!!

-チャート分析

Copyright© 先輩トレーダーから学ぶ株の勝ち方 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.