チャート分析

暴落した銘柄、通貨を振り返る

更新日:

先輩
2018年、今年も暴落した銘柄、通貨が色々あったな。
今日は大暴落したチャートを1つ1つ振り返ってみて、分析を行っていこうと思う。
ぜひ何か1つでも参考にしてもらい、今後の暴落回避につなげてもらいたい。

たかし
まだ今年を締めくくるには早いんじゃ…?

先輩
しょーがねーだろ。ダウがあんなぶっこんじゃったんだから、色々と暴落が起こる前にやっといた方がいい話だろ。

たかし
そういうことですか、たしかに今後の相場の動きはかなり不安です。

トルコリラの暴落を振り返る

先輩
まずはトルコリラからだ。
株しかやってない人はあまり関心が無いかもしれないが、8月の暴落では資金を大きく飛ばしてしまった人がかなりいたみたいだな。

たかし
ネットでもたくさん損失報告が上がってましたね。数千万の損失とかも見ました…
先輩
この8月10日あたりの下げで一気にやられたんだろうなあ。

たかし
たしかに凄まじい値動きですけど、どうしてあんなに大損した人がたくさんいたんでしょうか?

値ごろ感によるトルコリラのロング

先輩
オレも実際にどういう意図でトルコリラをロングしていったのか、色んなブログを見て生の声を調べてみたのだが
やはり圧倒的に多いのは値ごろ感によるエントリーだな。
株でもまったく同じだが、初心者は逆張り思考が強いため、こういう場面で一発逆転を狙いたくなるようだな。

たかし
その気持ちはすごくわかりますよ…ここまで下がったんだから、もうここからはそんなに下がらないだろうって思いますよね。

先輩
だけどなあ、遊びで買うならまだしも、このチャートを買い向かうなんてことはテクニカルトレーダーとしてはあり得ないことなんだよな。

たかし
ずーっと下げトレンドが続いている状態ですもんね。
先輩
週足だってこんなんだし。
先輩
月足にいたるまでこんな状態だ。

たかし
ここまで下がるかってぐらい下げたんですね…

先輩
たしかに常識的には考えられないほど下げたかもしれないが、こんなに強いトレンドに逆らうなんてことはトレードの世界じゃ絶対にしてはいけない。
値ごろ感トレードに対してはそれしか言う事はない。
一発当ててやろうなんて考えはギャンブルでしかないのさ。

たかし
根拠のあるトレードを心掛けましょう!

スワップポイント狙いによるトルコリラロング

先輩
値ごろ感に加えて、トルコリラのスワップポイントが高い事が被害者が多かった要因の1つだな。

たかし
スワップポイントというのは通貨の金利差によってもらえるお金でしたね?

先輩
そうだ。トルコリラは高金利な通貨のため、ロングすることで毎日けっこうな額の収益が発生する。
まあ株勢にわかりやすく言えば、高額な逆日歩がついている状態だ。

たかし
スワップポイント狙いで買いに走った人たちが多かったんですね…

先輩
通貨の金利が高いということは、それだけ信用力が低いということなんだが…
もちろんそんなことは理解した上でロングしていった人が多いんだろうが、やはりギャンブルと言わざるをえないな。

トルコリラの買い推奨

先輩
オレはまったく投資系の番組は見ないから知らなかったんだが、テレビなんかにも出るような有名なストラテジストがトルコリラの買い推奨をずいぶんしてたみたいだな。

たかし
SNSでも有名人が「今買えばかなりおいしい」みたいな事を言ってましたよ。

先輩
そういった情報に乗っかるっていうのはけっこう危険なんだよな。
勝てるかどうかの問題以前に、トレーダーとしての成長がない
勝てばますます自分で考えなくなるし、負ければ買い推奨した人間のせいにする。

たかし
株ではよく見る光景ですが、為替でもそういう人任せなトレーダーがいるんですね。

ニチダイの暴落を振り返る

先輩
さあ、そろそろ株の話に移ろうか。
少し前の話にはなるが、ニチダイという銘柄だ。
たかし
ああ、この銘柄はひどかったですね…

先輩
ああ、ひどいとしか言いようがないな。
もちろん波にうまく乗って儲けた人もたくさんいるんだろうが
さっきの話と同じになるが、これも有名人によって散々買い推奨されて上がってきた銘柄だ。
何がひどいのかと言えば、初心者が大勢巻き込まれたことに尽きるだろう。

たかし
投資は自己責任なのは当然なのですが、あまりにもかわいそうでしたね…

先輩
かなりの初心者が退場に追い込まれたと聞いている。今でも検索すれば何件も出てくるな。
まあ、600円ぐらいから上がって4000円近くまでいったからな。単純に上がりすぎだ

たかし
よくそこまで吊り上げましたね…

先輩
仕手株はどこまで吊り上げるかわからん。
でも必ず最後はひどいことになる。そこは絶対に理解して入ってほしい。
まあ、そもそも入らない方がいいんだが、どうしても入るなら短期急騰株の戦い方などを参考にして、しっかり準備をしておくことだな。

たかし
チャートを見るとけっこう逃げ場はありそうですけど、初心者ではどこで切ったらいいか判断できませんからね…

ジャストプランニングの暴落を振り返る

先輩
そんなに触ってた人は多くないかもしれないが、次はジャストプランニングの暴落だ。
たかし
この引いてある水平線、押し安値ですか、ここを反発なく抜けていくのはつらいですね…

先輩
ああ、通常であればこういうサポートではかなりの確率で1回は反発する。こういう風に1発で抜ける方が珍しい。

たかし
それほど下げの勢いが強かったんですね。
先輩
週足で見ればわかるが、これも単純に上がりすぎ!
ニチダイみたいに仕手株だったのかどうか知らないが、これだけ上がってしまうとやはりサポートが機能しないほどの下げが起こりやすい。

たかし
株価がどの位置にいるのか、しっかり把握してトレードをしなきゃいけないですね。

TATERUの暴落を振り返る

先輩
またまた登場のTATERUだが、これは長期の投資家がけっこう食らってしまったみたいだな。
おそらく資金力のある人たちが多かったんだろう、それほど悲痛な叫びは聞こえてこなかったように記憶している。
たかし
あらためて見ると下げ幅とんでもないですね…

先輩
だが、これはテクニカルトレーダーであれば回避しなければならない暴落だ。
2020円あたりで引いてある水平線、これは最高値をつくった押し安値だ。
ここを明確に割った4月25日の時点で、この銘柄の上昇トレンドは終了しているんだからな。

たかし
そうですね、ダウ理論の基本に基づいて判断できていれば、食らうことのない暴落でしたね。
先輩
下降トレンドのものは買わない。これを徹底しているトレーダーであればこういった暴落とは無縁だ。
スルガ銀行にいたっては暴落のはるか前からとっくに下降トレンドだ。トルコリラと同じだな。

たかし
悪材料が出た時の考え方で取り上げていたビートもそうでしたね。下降トレンドの中の暴落。

暴落した銘柄、通貨を振り返るまとめ

先輩
暴落した銘柄や通貨のチャートをいくつか振り返ってきた。
特徴としては、とんでもなく上がりすぎたものの暴落と、下降トレンドの中のさらなる暴落
要するにトレンドの反転トレンドの継続による2つの暴落のパターンがあるわけだ。

たかし
トレンドを強く意識する、という基本はこういうところでも有効に働くんですね!

雑談コーナー

先輩
よし、今回は大きな暴落が起きる前に講義ができたぞ!まあこういう時は逆に何にも起きなかったりするんだろうけどなw

たかし
何か暴落しそうな銘柄ありますか?

先輩
そりゃおまえ、テリロジーは気になるよな。

たかし
そうですね…また同じことが繰り返されてしまうのでしょうか?

先輩
どうだろうなあ、すでにかなり稼いだって人も多いみたいだけどな。でも初心者が多く参入してるのは事実だよな…

たかし
大きく上下に動きだしましたから、いよいよなのかもしれませんね…

先輩
また嫌なもん見る事になるのかねえ…ひどいことにならなきゃいいが。

-チャート分析

Copyright© 先輩トレーダーから学ぶ株の勝ち方 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.