テクニカル分析

ブレイクアウトの手法で注目すべき株チャートの形

投稿日:

先輩
今日はブレイクアウトのチャートについて話そう。
強力な節目ラインをブレイクしていくには通常大きなエネルギーが必要となり、そのラインを何度か試すような動きになることが多い。

たかし
一発でラインをブレイクする事もありますが、大抵はラインが意識され、1回は反発することが多いように思いますね。

先輩
今日話す内容は、そのラインに反発した後の動きに注目することによって、ブレイクアウトの前兆を感じ取れるという話だ。

たかし
ブレイクアウトのタイミングがイメージできていれば、戦略の幅も広がりそうですね。

ブレイクアウト前の押しや戻りの弱さ

先輩
このように強力なレジスタンスラインに対して、価格が何回か反発される。
反発された際に、どれだけ押したかということに注目してみると、徐々に押しが切り上がり、その後ブレイクするという形がよく見られる。

たかし
これはブレイクする前にエントリーを狙う、という事なのでしょうか?

先輩
いや、どちらかと言えばオレは損切りの判断に使うことが多いかな。
もちろんブレイクする前に買いエントリーを狙っていくというやり方も、検証を十分に重ねた結果使えると思えれば使っていいとは思うが。
エントリーの講義でも話した通り、ブレイクアウト狙いのエントリーはノイズが激しく、失敗した時は一気に価格が反対方向に動きやすいからな。そこのリスクは許容しなければならない。

たかし
損切りの判断に使う、ということは、空売りをしてる時にこのようなチャートの形になったら損切りをしていくわけですね?

先輩
そうだ、上の図のようなチャートというのは、徐々にレジスタンスラインのガードが弱まってようなイメージを持てばいい。
アセンディングトライアングルのようなイメージと同じで、ジワジワ売り圧力が弱まっているような形だ。
このような形になったら、オレはラインをブレイクする前にさっさと空売りポジションを損切りしていくね。

たかし
アセンディングトライアングルはチャートパターンの講義で習った、安値を切り上げていくトライアングルですね。

先輩
買いポジションを持っているパターンの方がイメージしやすいか。
先輩
さっきの逆だが、このように徐々にサポートラインの反発が弱まってきたら、ブレイクする前に買いポジションを損切りすることを考えるべきだろう。

たかし
でも損切りのラインというのは基本的には節目ラインの少し下とかに設定するんですよね?

先輩
それはあくまでも基本的な考え方だ。
サポートラインで反発される事を見越しているからこそ、サポートラインの少し下まで粘るわけだ。
しかしそのサポートラインが今にも割れそうなのであれば、割れる前に損切りするのは賢明な判断だろう。
それは決してルール違反ではない。そういうところがむしろ裁量トレードの強みなんだ。

たかし
わかりました、逆指値するだけではなく、値動きによって損切りすることも考えてみます!

レンジ相場のブレイクアウトでも同じように考える

先輩
先ほどの説明はトレンド相場でのブレイクアウトを想定したものだったが、レンジ相場でもまったく同じように考えることができるんだ。
先輩
このような平行レンジの相場でも、徐々にライン近辺でもみ合うようになってきたら要注意だ。
ラインでの反発の力が弱まってきている証拠だからな。

たかし
なるほど、このようなレンジ相場でも適用されるということは、その他のもみ合い相場でも同じように考えればいいんでしょうか?

フラッグのチャートパターンも押しや戻りを注目する

先輩
そうだな。ペナントなどの値幅が縮小していくような形では判断が難しいが、フラッグのようなチャートパターンであれば、これも同じように考える事ができる。
たかし
フラッグのエントリーのやり方はチャートパターンの講義で3パターン説明されていましたが、こういうところでエントリーをするやり方もあるんですね。

先輩
もみ合い中でエントリーしたいのであれば、フラッグの下限で買うか、こういった浅い押しで買うか、どちらかだろうな。
どちらもメリット・デメリットあるが、この浅い押しで買う方が勝率は上がるだろう。

たかし
そうなんですね。フラッグ探して検証してみます!

ダブルボトムとネックラインのブレイクアウト

先輩
ダブルボトムからのエントリーではこのラインに対する押しの考え方は有効になる。
たかし
なるほど、ネックラインが意識されている時に、ネックラインからの反発を見ていくんですね。

先輩
そういうことだ。このパターンは底値圏からの反転するチャートパターンなので、短期的なトレンドはまだ下だということは忘れないようにな。

たかし
またサポートラインまで下がってしまっても文句は言えない形ですよね…

ブレイクアウトの手法で注目すべき株チャートの形まとめ

先輩
レンジ相場やもみ合い相場では多くのプレイヤーが結果が出るまで待つ傾向にある。
しかしレンジの中にも強気や弱気が存在し、レンジの中で決済をするべき時もある。
今回の講義を参考にし、損切りやエントリーの質の向上を目指してもらいたいと思う。

たかし
レンジの形だけにとらわれず、大きなトレンドの流れや今現在の全体環境だけは常に忘れないようにしたいですね。

-テクニカル分析

Copyright© 先輩トレーダーから学ぶ株の勝ち方 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.