デイトレ

デイトレのコツ~ネオスで学ぶ往復ビンタの防ぎ方

投稿日:

先輩
今週は久々に全体的に上昇し、みんなけっこう利益が出たんじゃないだろうか。

たかし
いやー僕はネオスのデイトレで、買いでも売りでもやられてしまいました…w

先輩
こんな環境のいい時に往復ビンタくらってる場合じゃないだろ。
なんでそんなことになってるのか、今日はよく復習しておくようにな。

たかし
はい、しっかり反省したいと思います。

ネオスの日足チャート

先輩
まず銘柄選択から話していこうか。
ネオスは出来高も多く、買いも売りもでき、板もそこそこ厚くボラティリティも大きい。
そういう意味では非常にデイトレ向きな銘柄だと言えるだろう。

たかし
銘柄選択は間違ってないんですね。
先輩
今週のネオスは、月曜からギャップアップでスタートし、大きく上下に動きながらも結局は上昇していく動きになった。

たかし
出来上がったチャートを見たらそうなんですが、リアルタイムでは目線がぶれてめちゃくちゃなトレードをしてしまいました。

先輩
おそらく11月27日の上下に長いヒゲをつけた日、この動きでかなり目線がぶらされたんじゃないかと思う。
IRが出て大きく上昇したり、その上昇分をほとんど戻してしまったり、なんて動きがあって、上目線なのか下目線なのかわからなくなったんだろう。

たかし
あー、そうかもしれません。
あの時も押し目買いして負けてしまいましたし…
と思ったら次の日上がるし、そのあとまた下がって、でも引けにはまた急騰して…

先輩
あーわかったわかった。
そうなるのは値動きの全体像が全然見えてないだけだから。

たかし
短期の動きに振り回されすぎなんでしょうか?

先輩
そういうこと。
トレンド判定や波形認識に迷ったらの講義とほとんど同じ事を今日も教えるからな。
かなり重要なことだから、よーく学んでおくように。

ネオスの30分足チャートを表示させる

先輩
5分足チャートなどの短期足チャートで、目線がわからなかったり、ぶれたりした時は時間軸を変えてみる
今回もGMOクリック証券のはっちゅう君を使って、30分足チャートで10日分の値動きを表示させていこう。



たかし
はい、前回習ったばかりでしたね。

先輩
で、おまえどこでエントリーして負けたんだ?

たかし
26日のペナント下抜けで空売り、27日の深い押しの押し目買い、29日の寄り付き付近の飛びつき買い、です。
先輩
とすると、こんな感じか。

たかし
はい、大体合ってますね。
というか30分足チャートだと、ひどいエントリーだということがわかりますね。

先輩
うん、こりゃ負けるわなw
この30分足チャートにしっかりラインを引いて見てみれば、どういう値動きが起きているのかなんて、すぐわかるんだぞ。

たかし
うわー、なんかすごく簡単そうに見えてしまう…

先輩
いや、実際簡単なんだよ。
円で囲った部分で買いと売りをしていればいい。
まあトレンドラインとチャネルラインは平行とはいかず、若干チャネルラインを上抜けているところもあるから、空売りは少し難しいと思うけどな。

たかし
トレンドは上でしたから、やはり買いのみで攻めた方がいいんでしょうか?

先輩
無難に行くならそうだな。
ただチャネルラインの上でしっかり損切りをすることができるなら、空売りも狙っていいとは思う。
いつでも上抜ける可能性がある、という意識はもちろん持ったうえでな。

たかし
そうかー、右肩上がりのレンジ相場で、中途半端な位置でエントリーしていたわけなんですね。

トレンド相場かレンジ相場か

先輩
そうだな、このネオスの値動きの正体は安値を切り上げながら上下に動くレンジ相場だと考えればいい。
トレンド相場ではあるんだが、N字で勢いよく上がるトレンド相場とは違い、考え方はレンジ相場にかなり近い。
トレンド相場とレンジ相場でのエントリーの違いはなんだ?

たかし
トレンド相場は押し目や戻り売りを狙い、レンジ相場はレンジの上下を狙う。

先輩
そう、つまりトレンド相場では順張り的なエントリーを。
レンジ相場では逆張り的なエントリーを心掛ける。

たかし
んー非常に基本的なことで理解しているはずなんですが、まったくできていなかったわけですね。

先輩
トレンド相場とレンジ相場を履き違えると、まあ面白いように負けるように相場はできている。
それぞれの相場でエントリーすべきポイントがまるっきり変わってくるからだ。
レンジ相場でエントリーしてはいけないポイントはどこだと思う?

たかし
それは、レンジの中央付近ですよね。
どちらに動くかわからないポイントです。

先輩
正解だ。
ところがお前がエントリーしたポイントは、見事にレンジの中央付近にすべて位置している。

たかし
本当ですね…なんで簡単に負けるのか理解できたような気がします。

先輩
デイトレで大事なのは、勝てる確率が高いポイントでエントリーすることだ。
上がるか下がるかわからないようなポイントでエントリーを続けていても、資金は溜まっていくことはない。

たかし
あのチャートが早く簡単だと思えるようにならなきゃですね。

先輩
もちろん簡単、と言ってもいつかは上下どちらかのラインは割っていくだろう。
その時はすんなりと損切りをして負けを認め、また違う銘柄の勝率の高いポイントに乗っかる、この繰り返しだ。

ネオスで学ぶ往復ビンタの防ぎ方まとめ

先輩
ネオスのチャートを例に、上下に大きく動くレンジの動きを解説してきた。
往復ビンタをくらわないためには、値動きの正体をしっかりつかむことが重要であり、わからなければエントリーは避けるべきだ。

たかし
往復ビンタをくらうと精神的にもかなりやられてしまいます。

先輩
そう、そういう時は落ち込んだり、また取り返したいという気持ちも強くなり、リベンジトレードに走りやすい。

たかし
ポジポジ病の講義でも習いましたね。
わからない時は、一度エントリーを待って、いろんな角度からもう一度チャートを分析していきましょう!

-デイトレ

Copyright© 先輩トレーダーから学ぶ株の勝ち方 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.