デイトレ

仕手株!?アルメディオのデイトレの戦い方

更新日:

先輩
アルメディオがすごい動きになっているな。
昨日の売り禁の講義でも紹介したが、こういう低位の貸借、小型株は非常に難しい動きになる。

たかし
これはやはり初心者は触らない方がいいでしょうか?

先輩
波の動きがぐちゃぐちゃに見えているならやはり危険だろうな。
ということで、今日も中級者以上向けの話となるが、こういった仕手株のデイトレの戦い方について解説をしていきたいと思う。

たかし
怖いので触らないですが、勉強しておきたいと思います。

アルメディオについて

先輩
アルメディオが仕手株かどうか、というのはさておき、まあよく仕掛けが入る銘柄になっているな。

たかし
今年の夏ごろも仕掛けが入ってましたね。

先輩
月足チャートを見てみると、やっぱり年に1,2回大きく上がっている。
ただの仕掛けであれば、最終的には株価は元に戻る確率が高いだろうから、材料に惚れてホールドなんかしないようにな。

たかし
今回はどういう材料で上がってるんでしたっけ?

先輩
「絶縁樹脂に塗布して導電性&熱伝導を付与するコンダクティブ・スラリー(Conductive slurry)を開発」
絶縁樹脂の特定部分の導通が可能に と発表している。

たかし
さっぱりわかりませんが…

先輩
オレもわからんw
まあこういう理解しにくいけど凄そうな材料の方が、株価を吊り上げやすいってのはありそうだなー。

たかし
みんなさすがにマネーゲームってわかってて参加してるんでしょうね。

アルメディオの日足チャートを分析する

先輩
それでは、今回もエリオット波動を使って、アルメディオの日足チャートを見ていこう。

たかし
材料が出たあと上にドカンと上げて、そこから第2波の押し。
N字を描いて現在は第3波の中でしょうか。

先輩
この上昇が推進波の1,2,3か、修正波のa、b、cなのかはわからないね。
推進波だとすれば、第2波の押し方を見てれば第4波も派手に下落しそうに思えるところだよなー。
第3波の初動で買えた人は上手なトレードだったな。

たかし
そうですね、今からはもう第4波が怖くて入れませんね。

先輩
推進波じゃなければこの上昇波で終わりだろうし、怖いところに突入したら、もう触らないか細かく取りやすいところを狙うこと。

たかし
デイトレで細かく取れるところは、どういうところだったんでしょうか?

アルメディオの5分足チャートで狙うべきところ


先輩
これは第3波(仮)の大陽線の日から3日間の5分足チャートだ。
縦に白いラインを引いているが、12月4、5日は簡単な動きだったが、6日は難しい動きになったなーという印象だ。

たかし
なるほど、簡単だと言っている方はエリオット波動がきれいに出ていましたか。
先輩
まず第2波の押し、ここはどこまで押すのかわからないから怖いところではあるが、3波の上昇を狙いに行くなら入らなきゃならないな。

たかし
日をまたいでしまうところですから、多少迷いはしますよね。

先輩
そうだな。ツイッターなんか見てたら、やっぱりうまい人はこの辺かなり拾ってるなーって印象はあったけどな。
それから、第5波のところ。
ここも教科書的に、ウェッジのチャートパターンを形成していたので、このあとの大陰線は予測できた人も多いと思う。

たかし
エリオット波動の各波の講義で習いました。
第5波ではウェッジ型のチャートパターンが出やすいんでしたね。

先輩
そして調整波のa,b,cだが、この時点では実はまだa波の中にあるのか、a,b,cの3つの波が形成されているのか、わからない。
仮にa,b,cが形成されていると考えると、a波で完全に押し安値を割ってきているのでb波の戻りを狙って空売りを仕掛けていくこともやりやすかったと思う。

たかし
ダウ理論に従って考えれば、上昇トレンドが終わったところになりますね。
なるほど、たしかに教科書通りと言われればそうですね。
先輩
そして難しい動きに入っていくわけだが
引け前に大きな陽線が出現し、また第1波が始まるのかなーと思う事もできるし、まだb波なのかな、と思う事もできる。

たかし
直前の大陰線のイメージが強いところですから、たしかに難しいですね。

先輩
そういう迷いが出る時点で、もうエントリーすべきところでもないんだが、ここで気にしておかないといけないのは下値余地だ。
先輩
こういう波のカウントを想定していた場合、一番左側は一直線で大陽線を形成したところだから、やはり下に行った時には一気に走りやすいとイメージできる。
日足の第4波も当然警戒しなきゃいけない段階だからな。
というか恐らくこういうイメージを持ってた参加者の方が多かったんじゃないかな。

たかし
恐ろしい動きですね。
第3波の大陽線の起点の207円がサポートラインとして意識されていたわけですか。

先輩
結局は上昇の1,2,3波となったのか、b、c、1波となったのか
最後まで見ていかないと断定できなさそうな動きになった。
2つの上昇波の底が207円で同値となったし、難しい動きになったなと思った。
やはりこういう銘柄は、難しいところでは常識の裏をかいてくるもんだ。
まあ最後の上昇は追っかけで買いにいったけどなw

たかし
最後のところは追っかけでエントリーしても大丈夫なところなんでしょうか?

先輩
そうだな、というかエントリーするならそういうやり方しかないんじゃないかな。
ヨコヨコの動きが長く続いていたし、これはもう上か下どっちかに飛ぶな、というイメージは持てると思う。
だが、どっちかに飛ぶ前に決め打ちしてエントリーすれば、逆行された時に値が飛ぶので割と損失がでると思うぞ。

たかし
そっか、だったら大きく動いた初動で飛び乗った方がリスクは低いわけですね。

先輩
そういうこと。
でもやっぱりこんな難しいところは入らない方がいいかな。

たかし
簡単に取れるところだけ、ひたすら探します。

仕手株!?アルメディオのデイトレの戦い方まとめ

先輩
仕手株とか、材料が出た時の短期急騰株のデイトレは、驚くほど簡単な時もあるし、さっぱり予測がつかない難しい時がある。
デイトレーダーはとにかく簡単なところばかりを確実に取ること。
イチかバチかのトレードはいずれ資産を大きく減らすことにつながる。勝つことに徹するんだ!

たかし
迷ったらエントリーしない、これはぜひルール化しておきたいですね!

-デイトレ

Copyright© 先輩トレーダーから学ぶ株の勝ち方 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.