デイトレ

株デイトレの基本~メリットとデメリット

更新日:

先輩
いやー今日はいい地合いだな!
寄りから上がり続けるような値動きがやっぱ1番やりやすいわな。

たかし
先輩!そろそろデイトレについても講義してもらえませんか?

先輩
ん?別にいいけどおまえいかにもデイトレ負けそうじゃん。

たかし
まあ、たしかにあんまり勝ててないですね。だからこそ勉強したいんですけど。

先輩
デイトレってのは初心者向けじゃないんだよ。初心者はとにかくルールが守れないし、余計な事やりだすからな。デイトレではそれが特に顕著に表れるんだよ。

たかし
まさにそこでつまづいております…

先輩
ま、勉強するだけって言うならいいけど。ただし勉強してもすぐに勝てるようには絶対ならんからな、そこだけは覚えておいてくれ。

たかし
わかりました!今回もよろしくお願いします!

デイトレードのメリットとは

先輩
まず、デイトレの定義だが、日をまたがないトレードということになる。
その日のうちにエントリーし、その日のうちに決済する。
秒単位で売買を行うスキャルピングもデイトレの1種だな。

たかし
デイトレのメリットはどういうところにあるんでしょうか?

持ち越しによるリスクを受けない

先輩
まあ何と言ってもこれだな。
株はとにかく持ち越しによるリスクが付き物だ。
決算発表や悪材料が出れば最悪の場合、翌日はストップ安で売ることすらできないなんてこともある。
また、悪材料が出てなくても、地合い悪化によって翌日大きくギャップダウンして寄り付くってことはしょっちゅうある。

たかし
逆に上がる恩恵は受けられなくなるけど、やっぱり持ち越しリスクが全くないっていうのは大きいですね。

チャンスの時だけ参加できる

先輩
デイトレは今まさに上がりそうな場面とか、今まさに上がり始めた初動、といったチャンスの時だけ参加すればいいんだ。
その日が地合いが悪くて全然上がりそうもないとか、値動きが全然なくてボラティリティがない、といった時は参加しないという選択もできる。
ま、口で言うほど簡単ではないがな。

たかし
先輩がいつも言ってる、取れるところだけを取ればいい、ってことですね!

取引き回数が多く、トレードの上達につながる

先輩
1回のトレードはトレーダーにとって経験値となる。特に初心者にとっては、ルールに従った1回1回のトレードというのは貴重なものだ。
デイトレはトレードの上達にはもってこいと言えるだろう。
ただしオレが今まで講義してきたことをしっかり学習し、理解し、実践できるレベルに到達していれば、の話だがな。
意味のないエントリーやルール違反のトレードを繰り返すレベルのトレーダーは、もっと他にやるべきことがあるってことだ。

たかし
なるほど、そのレベルはやっぱり僕はまだたどり着いてないでしょうね…

デイトレードのデメリットとは

たかし
デイトレのデメリットはどういうところにあるんでしょうか?

先輩
デメリットっていうかな、さっきも言ったが基本ができてないやつは絶対にデイトレでは勝てないってことかな。

たかし
基本というと、やはり損切りなどですか?

先輩
ダメならすぐ損切りして次の銘柄へ、ってことを繰り返すんだから損切りができません、なんて言ってるようじゃどうしようもないんだよ。

たかし
たしかに、じゃあ一応の基本はできているって前提でお願いします。

モニターと向き合う疲労

先輩
個人差はあるんだろうが、ずっとPCの前で座りっぱなしでモニターを見続けるってけっこうつらいもんだぜ。

たかし
前場と後場で合わせて5時間ですか…なかなか疲れますね。

先輩
目や体が疲れるのはもちろんだが、精神的にもくるようならちょっと考えなおした方がいいかもな。
まあそもそも5時間モニター見っぱなし、なんてことはしなくていいんだけどな。
オレなんか寄り付きから30分で終了するような日も珍しくはないぞ。
寄り付きから大引けまでずーっと見てなきゃ気がすまない、って人はけっこう深刻な課題になるだろうな。

たかし
30分でしっかり毎日稼げたら最高だなあ…

大きい利益は取りにくい

先輩
デイトレでは1回のトレードでそれほど大きく利益を出すことはなかなか難しいんだ。だから、そこそこの利益でしっかり利確し、次の銘柄でまたしっかり取りに行く。
つまりチャンスを細かく何回も取りに行くことによって利益を積み重ねていくイメージになる。

たかし
利益はなるべく引っ張る、という考え方はデイトレではしない方がいいということですか?

先輩
いや、損小利大という基本はどの時間軸でも同じだ。
ただ、1日に動く値幅ってのは各銘柄で大体似たようなもんなんだ。ATR(Average True Range)って目安もある。
まあつまり狙えそうな値幅の中でなるべく利益を引っ張るんだ。チキン利食いはやっぱりデイトレでもやってはいけない事に変わりはない。

たかし
なるほど、事前に準備しておくことが重要になりますね。

ストップ高貼り付きが味わえない

先輩
持ち越しのリスクを避けられる反面、好材料が出ても何の利益にもならない。

たかし
これはもう、受け入れるしかありませんね。

先輩
いやーでもさ、引け後になんかIR出ないかなーとかワクワクして会社のホームページとか見に行くじゃん?
ああいうのが無いってのもさみしいもんだぜ。

たかし
あーそれわかります。株やってる!って感じですよね。

先輩
特にストップ高貼り付きを味わえない、ってのはけっこう大きいデメリットだな。

たかし
どうしてですか?

先輩
ストップ高貼り付き気持ちいいじゃん。

たかし
あ、そういう話ですか…w
先輩
いや、まじめな話すると、特大材料が出てストップ高3連チャンとか、そういう大相場を逃してしまうんだよな。
いわゆるテンバガーとか言われるような10倍になるような銘柄、いや10倍までいかないにしても短期的に何倍にもなる動きの時は、どれだけ初動で入れるか、が大事なんだよ。
初動で入れていればその後の揺さぶりも精神的に楽に見ていけるからな、利益もひっぱりやすいってことになる。

たかし
テンバガー、投資家の夢ですね!

デイトレのメリット、デメリットまとめ

先輩
今回はデイトレのメリット、デメリットを話してきた。
まあ実はデメリットを無理やり引っ張りだしたんだけど、勝てるトレーダーにとってはデイトレのデメリットなんてほぼない。
むしろ短期間に資金を増やしたいならデイトレがもっともいいだろう。大相場に乗れなくてもコツコツ稼ぎ続ければいいんだからな。
だが逆に初心者は資金をどんどんすり減らしていくから要注意だ。
具体的にどういうところで初心者がつまづき、どうすればよいのか、次回の講義で詳しく述べたいと思う。

たかし
メリット、デメリットを知って、自分に合うかどうかしっかり考えよう!

-デイトレ

Copyright© 先輩トレーダーから学ぶ株の勝ち方 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.