デイトレ

株デイトレのやり方~守るべきルール

更新日:

先輩
さて、前回のデイトレのメリット、デメリットの続きといこうか。
今回も基本的な話になるが、デイトレをするうえで絶対に守らなくてはいけないルールについて述べていく。
初心者はとにかくルールが守れなく、逆にこれができるようになれば勝つことはそう難しいことではない。
手法や小手先のテクニックよりも、まずは基本をしっかり勉強するように。

たかし
わかりました!何事も基本が大事ですね!

デイトレにおいてルールを守る重要性とは?

先輩
まずはなぜルールを守らなきゃいけないのか、という部分について触れていきたいと思う。
初心者はよく勘違いしがちだ。
勝ってるトレーダーはその瞬間瞬間でエントリーやエグジットを判断している。
こんな風に思ってる初心者はかなり多いが、実際は全然違う。

たかし
そういうガチャガチャやってるようなイメージは強いですよね。

先輩
実際はチャンスだと思ったところだけを狙うだけだ。
チャンスが無ければ、後場まで1回もエントリーしなかった、なんて日だってあるんだ。
ま、オレの場合はさっさとPCを閉じて別の事やりだすけどな。

たかし
先輩の場合はほんとそうですよね、ゆったりとしたデイトレで、余裕だなーっていつも思います。

先輩
いや、別に余裕があるわけじゃないさ。
ただ、ジタバタしても意味はないし、画面をジッと見て値動きを追っても逆効果ってのがわかってるからな。

たかし
先輩でも余計な事をしちゃったりするんですか?

先輩
もちろんだ。それが人間の本能だからな。
ポジポジ病とか、ちょっとぐらいなら取れるだろうとムダなエントリーをする。
だがそういうエントリーは面白いほど負けるもんなんだ。
そんなことを何十回も繰り返してきたからな、余計な事をしてはいけないと、体の底から学習しているのさ。
だからあえて画面を見ないようにすることもよくある。

たかし
ああいうエントリーってなんであんな負けるんでしょうかね?90%ぐらい負けてるんじゃないかって感じですよ。

先輩
単純に上がりそうだから、などという根拠のない感覚的なエントリーはそれだけ勝てない、ということだ。
初心者はデイトレにおいては特に、その感覚的なエントリーをしがちなんだ。
場の空気感、板の値動きなど、あらゆる状況に翻弄され、熱狂の渦に巻き込まれる。

たかし
そうなればほとんどギャンブルと変わらなくなってしまいますね。

先輩
だからこそ、ルールを明確に設定し、徹底して守ることが求められるんだ。
ルールを守らなければ、怖ろしい勢いで資金を減らしていくことになる。
デイトレの怖いところはまさにここだろうな。

たかし
そうですよね…どのようなルールを守っていけばよいのでしょうか?

損切り、資金管理の徹底

先輩
まあデイトレに限らず、資金管理はトレードにおいて最も重要だといつも言ってるが、デイトレでは特に徹底する必要がある。
なぜなら、デイトレは分足の時間軸でトレードを行うため、損切りの判断に躊躇している余裕はないからだ。
想定外の動きをしたり、イメージとまったく違うとなれば、エントリーした数秒後でも損切りができるぐらい徹底してできなければならない。

たかし
一瞬で資金を減らすことになりますから、かなり精神的にはつらいですが、そんなこと言ってるようではダメですね。

先輩
まあ、どうなったら損切りをするか、これを事前にしっかり決めてからエントリーをすることだな。
これは損切りの講義でも話したし、エントリーの講義でも話したことと同じだ。

たかし
許容損失額の範囲で損切り幅を事前に決めておく、これはデイトレもスイングトレードも変わらないってことですね。

デイトレにおける持ち越し

先輩
損切りの話の延長にはなるが、デイトレをするつもりでエントリーしたのなら、日をまたいで持ち越さないのが望ましいだろう。
なぜなら、最初に自分で考えていた時間軸というプランを変更することになるからだ。
ルールの守れない初心者にとって、プランを変更するという行為はあまりよろしくない。
初心者はまずガチガチのルールに縛り付けて、100%そのルール通りにトレードをするぐらいがちょうどいいんだ。

たかし
含み益が乗っているとして、まだまだ次の日も上がりそうだと思っても決済しておいた方がいいのでしょうか?

先輩
そのケースなら問題ないだろうな。
利益を伸ばせるだけ伸ばす、これは勝てるトレーダーの思考である。
この銘柄はあとどのぐらい上値余地があるのか、など事前にしっかりと分析できたうえで持ち越す、というプランをたてているならOKだ。
ただし、逆は絶対ダメだ。
含み損を抱えたまま持ち越す、という行為は塩漬け株をつくる最初の1歩になるだけだ。
明日戻すだろう、などと根拠のない考え方は一切捨てること。それはただ損切りができないだけなんだと認識すること。

たかし
なるほど、たしかに含み益と含み損では、持ち越す意味がまったく変わってきますよね。

トレードプランをしっかり計画しておく

先輩
損切りの重要性をしっかり理解できたら、あとはトレードプランをしっかり計画し、ザラ場中はそのプラン通りにトレードをすることだけに集中する。

たかし
具体的にはどういったプランをたてるんですか?

先輩
事前に明日大きく動きそうな銘柄、つまりチャンスになりそうな銘柄をピックアップしておくことだ。
オレの場合は、ザっと200ぐらいのチャートを確認し、その中から10コぐらいピックアップしておく感じかな。もちろん日によって変わるがな。
そして、「こう動いたらここで買う、損切り位置はこの辺で、利確の目安はこの辺だろう。だからロットは〇〇株ってとこか」
こんな感じでちゃっちゃと決めておくんだよ。
あとは当日、そのプランに従ってやっていくだけさ。その他の余計な事は一切しない。

たかし
いやーそんな簡単にできないですよ。どういうところでエントリーすればいいのかもいまいち自信がありませんし、多くのチャートを分析するだけでも一苦労です…

先輩
まあチャートの分析スピードはやってりゃどんどん速くなるから大丈夫だ。何百、何千と分析を続けることだ。
トレードプランのたて方も、慣れてくれば一瞬でできるようになる。
初心者の時は、極端な話まず1銘柄だけでもいいんだ。
1銘柄だけでもしっかりと分析し、プランをたててみろ。そしてプラン通り実行してみろ。
結果などまだ求めなくていい。その1トレードが後々の成長につながる大きな経験値になるはずだ。

たかし
わかりました!できる範囲からやっていくように頑張ります!

先輩
どういうところがチャンスか、などの手法の話はまた次回していくぞ!
デイトレの基本~注目すべきポイントを読む
デイトレのテクニック~窓発生時の手法を読む

デイトレのやり方 まとめ

先輩
今回はデイトレの守るべきルールについて述べてきた。
ルールを守るようになるには、ルールを守る重要性をしっかり理解することから始まる。
まあオレみたいに痛い目を見れば一番早いのかもしれんがな。
だが、何度も痛い目を見ても繰り返してしまうのがトレードの難しいところなんだ。
だから1日でも早く、ルールを守れるようにならなければならない。
そのやり方、考え方はオレの講義の中で全て話しているつもりだ。ぜひしっかりと学習してから、デイトレを行ってほしいと思う。

たかし
ルール通りやる!余計な事はしない!勝つために必要な事は、決して難しい事ではなく、実はシンプルな事なのかもしれませんね。

-デイトレ

Copyright© 先輩トレーダーから学ぶ株の勝ち方 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.