チャート分析

12月2週の日経平均、NYダウを分析する

投稿日:

先輩
今週はメジャーSQ、FOMC、米中合意、イギリス選挙など超重要イベントが目白押しの週であった。

たかし
株価は週末に一気に上へブレイクする動きとなりましたね。
この勢いが来週も続いていくのでしょうか。

米中合意と英選挙で材料出尽くし感も?

先輩
予想通り大きく動く週となったなー。

たかし
いつ動くのだろうと思ってましたけど、週末にきましたか。

先輩
メジャーSQ日通過後ってのもけっこう動きやすいタイミングではあるよね。
木曜日まではほとんど動きが無かったのだが、やはり市場は米中の第1段階の合意をメインイベントとして捉えていたのかなという印象がある。

たかし
FOMCは今回はほとんど無風で、相場に影響を与えるものではなかったですね。

FOMC:金利維持、来年の据え置きも示唆-「不確実性」を削除
先輩
今回は金利を維持していくという事だが、これは市場の織り込み済みだったな。

たかし
今後も金利の据え置きがしばらく続くようであれば、FOMCで相場が荒れることはあまり無いかもしれませんね。

先輩
水曜日のFOMCでも相場が動かなかったことで、完全に相場の焦点は米中合意となった。
まあそういう意味ではどちらかに大きく動く、というイメージはかなり多くの人が持てたんではないかと思う。

たかし
米中は第1段階の合意に達しましたね。
報道直後は中国側の正式声明がいまいち不透明な感じでしたが、今回はちゃんと決定したようです。

米中が第1段階の貿易合意の詳細で妥結-摩擦激化の懸念和らぐ
先輩
まあ記事にも書いてある通りだが、今後は第2段階の交渉へと移っていくということで、まだまだ米中貿易を中心に相場が動いていくことが続くだろう。

たかし
今回の合意からほどなくしてイギリスの選挙の結果も出ましたね。

英総選挙 保守党は過半数の議席獲得
先輩
米中合意に加えてこの選挙結果を受け、金曜日の日経平均は大きく上昇したな。
為替相場も大きく動いたが、中でもやはりポンドが大きく上昇した。

たかし
ブレグジットが決定したわけですが、保守党が圧勝してなぜこういった結果になったのでしょうか?

先輩
まずは合意無き離脱が回避されたという安心感があったと言われているね。
それと度重なる延期や国民投票といった話題で国民は右往左往させられ、疲弊していたという感情もあったようだ。

たかし
もう離脱でいいからとにかく早く決めてくれ、という感情が今回の結果になったのかもしれませんねー。

先輩
米中合意とイギリスの選挙によって相場は一気にリスクオンモードになったわけだが、材料としては一旦の出尽くし感は否めないな。

たかし
来週は特に大きなイベントも無さそうですし、しばらく緩やかな動きとなりそうですね。

先輩
今回の上昇がどこまで続くものなのか、ここは冷静にチャートで見ていかなければいけないだろうと思っている。

日経平均はトライアングル上抜けで第5波へ

先輩
先週の分析では日経平均はダブルトップで天井をつけている可能性もあるし、更なる続伸の可能性もあると話してきた。
まあ何ともはっきりしない分析だったけど、やはりこういうところのエントリーは危険だからすべきではないね。

たかし
仮にショートしてた場合はかなり負けてしまうでしょうね。

先輩
どちらか方向が出てからのエントリーを狙う方が確実な場面だろうな。
今回は上にブレイクした、ということでオーソドックスなエリオット波動の形となった。


たかし
1波と4波が交わらないインパルスの推進波ですね。

先輩
この第4波が今回トライアングルの形となったわけだが、トライアングルは第4波で起こりやすいという特徴があるので、典型的なパターンではある。
ただ、今回は第3波ですでに値幅を大きく取りすぎたために見方が難しかったなという印象かな。

たかし
現在は第5波の上昇だと思うのですが、目標となる値幅はどのぐらいになるでしょうか?


先輩
よく説明していることだが、トライアングルブレイク後はトライアングルの最大値幅分動くというパターンが教科書的な動きとなる。

たかし
今回で言うとe波から865円分上昇する、ということになりますから、24198円あたりということになりますね。
すでに高値24050円までつけているので、もうあまり値幅は望めないかもしれませんね。

先輩
たしかにもう警戒しなければいけないが、そういう見方を事前にできていれば先物でトライアングルをブレイクしてきたところ、またはその直後の押しをロングで狙うことも抵抗無くできるだろう。


たかし
先物の1時間足チャートですね。
狙いたいポイントは23500円台のところでしょうか。
ブレイクを見てからでも400~500円狙えるというポイントだったんですねー。

NYダウは上値重く、チャネルウォークが続く

先輩
NYダウの方は新高値を取ってきたものの、日経ほど派手には動かなかったな。
日経の方は仕掛け的な動きがあったのかもしれないが、気になるところではある。

たかし
高値を更新しても、やはり上値が重いという展開が続いていますね。


先輩
以前から見方は変わらず、チャネルラインの28800ドルを目標に、上にオーバーシュートした場合は29000ドルまであるのではないかと思っている。

たかし
その後は大きく調整という見方でしたね。

先輩
まだ上への値幅が残っているが、長い下ヒゲをつけた先週の方がむしろ今週より動いた、ということで日経平均との違いについては注視しておきたいね。

今週の相場分析まとめ

先輩
悩ましい展開が続いていたが、今週でようやく1つ方向性が出た。
現状が第5波とわかれば、あとはその波の中身を丁寧に見ていくだけでいい。
また次のビッグチャンスまでしっかり待って狙いたいところだろう。

たかし
今週もお疲れ様でした。

-チャート分析

Copyright© 先輩トレーダーから学ぶ株の勝ち方 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.