テクニカル分析

エリオット波動を極めよう~副次波に注目する

投稿日:

先輩
今回もエリオット波動について詳しく解説を行っていきたいと思う。
今回のテーマは副次波だ。

たかし
副次波と言うと、1つ小さい規模の細かい波のことですね。

先輩
副次波を見る事というのは、1つの波の完成を見極める材料になるだろう。

たかし
副次波のどのあたりに注目していけばいいのでしょうか?

副次波の波の数をカウントする

先輩
副次波は基本的に推進波は5波構成になり、修正波は3波構成となる。
つまり、推進波の種類の講義で紹介したインパルスであれば、第1波と第3波と第5波は5波構成に
第2波と第4波は3波構成になるのが基本となる。
いわゆるこの画像な。

たかし
フラクタル構造でしたね。

先輩
まあ、この外為オンラインのエリオット波動のイラストも、エリオット波動をちゃんと勉強してる人からはけっこう突っ込みをいただくんだけどねw
インパルスとして怪しいし、下降3波はa、b、c波だろ、とか。

たかし
たしかに、第1波と第4波が交わっているようにも見えますね。

先輩
その辺の細かい部分は置いておいて、インパルスにおいて、副次波は5-3-5-3-5の形になるということだ。

たかし
副次波をよく見て、波の切り替わりを予測できるようになりたいですね。

ダイアゴナルの副次波

先輩
副次波は基本的に5-3-5-3-5型だと説明してきたが
これがダイアゴナルにおいては3-3-3-3-3と、全て3波構成になることもある。

たかし
ダイアゴナルはやっかいですね。

先輩
きれいな形になりやすいインパルスに比べて、ダイアゴナルはきれいとは言えず、やっぱり副次波もわかりにくい
例えば次のようなダイアゴナルがあるとする。

たかし
ダイアゴナルは全体がウェッジ型になる推進波の形でしたね。

先輩
うむ、ダイアゴナルにおいては次のように副次波はすべて3波になることもある。

たかし
なるほど、ダイアゴナルの場合は5-3-5-3-5か、3-3-3-3-3ということですね。

先輩
あくまでも教科書的にはな。
ダイアゴナルは値幅が縮小していく性質上、副次波も小さい規模になりやすく、かなりわかりにくいだろう。

たかし
わかりやすいインパルスを見つけるのが第一ですね。

先輩
そうだな。
でもインパルスも実は第1波や第5波がダイアゴナルになることがあるんだ。

たかし
ふむふむ、全体としてはインパルスの推進波だけど、第1波の中はダイアゴナルの形になっているわけですね。

先輩
そういうこと。
第1波がダイアゴナルの形になることをリーディングダイアゴナルという。
この時はダイアゴナルの性質上、副次波が3波構成に見えやすいから注意したい。

たかし
第5波がダイアゴナルになるのは、チャートパターンの講義のウェッジや、エリオット波動の各波の特徴でも学んできましたね。
先輩
そうだな。これは定番のチャートパターンだ。
第5波がダイアゴナルの形になることをエンディングダイアゴナルという。
エンディングダイアゴナルは実際のチャートでも頻繁に見られ、次に来るa波は強烈な下げになることが多い。

たかし
こういう下げを食らうとトラウマになるんですよねー。

修正波の中の副次波

先輩
修正波の種類の講義では、ジグザグとフラット、トライアングルの3つの形があることを紹介した。
ここで覚えてほしいことは、修正波の中の副次波は3波構成になるということだ。

たかし
ジグザグもフラットは必ずa、b、cと3波構成になるわけですね。
トライアングルもですか??

先輩
トライアングルはちょっと例外で、A、B、C、D、Eと5波構成になるのが基本となる。
トライアングルに関しては比較的わかりやすい波形となるので、今回はジグザグとフラットについて話していく。

たかし
ジグザグとフラットは同じ3波構成でも、形がけっこう違うので厄介ですね。

先輩
ジグザグは価格的な調整の意味合いが強く、大きな調整幅になりやすい。
フラットは時間的な調整の意味合いが強く、長期化することも多い。

たかし
ジグザグかフラットかは事前にわからないのでしょうか?

ジグザグかフラットか

先輩
実はジグザグの中の副次波は5-3-5の形になっており、フラットは3-3-5の形になっている。
つまり、a波の副次波を見る事で、その後の動きをイメージすることができるわけだ。

たかし
段々頭がこんがらがってきました…

先輩
エリオット波動を考える時は、各階層に分けて考えなければいけないので、慣れないうちはけっこう混乱するもんだ。
例えば、今この赤い四角の第2波が進行しているとしよう。

たかし
第1波が完成して、第2波の中がどうなるか、というところですね。
先輩
このように5波形成した下降波が出てきたら、この後のイメージを次のように考えることができる。

たかし
なるほど、5-3-5と波を打って、それが第2波になると。

先輩
ま、ここらへんの話は実際はかなり難しいけどな。
なにしろ第2波全体がどのくらいの規模になるかがわからない。
ということは、第2波の副次波も事前にはっきりとどのくらいの規模かはわからない、ということになる。

たかし
んーそうですね、カウントすべき副次波がどれかわからないと、正確にカウントはできませんよね。

先輩
だから、修正波は完成した後にエントリーを狙う方が無難ではある。
完成した後に見れば、あーたしかにジグザグやフラットになっているね、という見方は割とできるもんだからな。

たかし
第3波の開始を待ってからでも遅くはないですからね。

先輩
フラットの場合もa波の中の副次波が3波構成か5波構成かを見ていこう。
次のような場合、どうしてもa波の中が3波にしか見えないようなら要注意だ。

たかし
第3波が始まったかと思いきや、まだ第2波のフラットの途中でしたーってパターンですか。
先輩
フラットの修正波で高値掴みするのは比較的やりがちだ。
オレもフラットっぽいなーとかわかってて食らったりもするからな。
なかなか難しいところだとは思うが、ぜひ副次波のカウントを使って解析してほしいと思う。

たかし
ジグザグかフラットか、どちらが進行しているのか、注意して見ていきましょう。

エリオット波動~副次波まとめ

先輩
推進波、修正波ともに副次波を見ていくことによって次の波の起点が見えてくる。
だが、これはあくまでも教科書的な話であり、実際の相場では判断に迷う事が非常に多いだろう。
一方ではっきりと教科書的に表れる事も当然あり、そういうところは素直にのってみることをお勧めする。

たかし
副次波を追っていきながらも、あまり目線が狭くなりすぎないように気をつけましょう。

-テクニカル分析

Copyright© 先輩トレーダーから学ぶ株の勝ち方 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.