テクニカル分析

エリオット波動を極めよう~修正波の種類とは

投稿日:

先輩
前回の推進波の講義に続いて、今回は修正波について解説を行っていこう。

たかし
修正波というのは大きなトレンドと逆行する波のことですね。

先輩
第1波から第5波までの中で言えば、第2波と第4波に当たる部分となる。

たかし
修正波の形をよく理解して、修正波の切り替わりを狙えるようになりたいですね。

修正波の3つの種類

先輩
今回の講義も、すべて「エリオット波動研究」の内容に基づいたものだ。
エリオット波動について深く学びたい人は読んでみることをお勧めする。


先輩
エリオット波動は第1波から第5波までの上昇を1つの上昇サイクルとして数えるものであるが、今回はいわゆる押し目の部分、第2波と第4波の部分に注目してみよう。

たかし
赤い四角で囲われた部分ですね。

先輩
大きい波では1本の直線で書かれているが、この四角の中を細かく分析してみると、3つのパターンに分類することができるんだ。

たかし
ふむふむ、3つだけならしっかり覚えられそうですね。

ジグザグの修正波

先輩
1つ目はジグザグの修正波だ。
ちなみに修正波の中の波はa、b、cとカウントすることになっている。
下のイラストは上昇トレンド中におけるジグザグの修正波だ。
下降トレンド中におけるジグザグは逆にして考えればいい。

たかし
実際の相場ではかなり見かけるやつですね。

先輩
戻しはそれほど強いものではなく、比較的強い下げの調整となるタイプだな。
ジグザグの修正波は特に第2波で出やすいものとなるので、覚えておくといいだろう。

たかし
a、b、cのbの戻りで買わないように気を付けなければいけませんね。

先輩
うむ、修正波というのは基本的にa、b、cと3波構造になっているため、しっかりと3波が出現したのを確認してからエントリーを狙っていくことが重要になる。

たかし
そのあたりの見極めがなかなか難しいんですよねー

先輩
まあ実際の相場ではなかなかきれいな形で出ないことも多いし、何しろ修正波の動きというのは、はっきりしないウダウダした動きが多いからな。
だから、なるべくきれいに出たところを探すといいだろう。

たかし
全てを理解しようとするのは大変ですからね。
先輩
これはマザーズ指数のチャートだが
例えば、このような明確な下降トレンドの中で、はっきりとジグザグの修正波の戻しが出たら、やはりその後は警戒すべきだろう。

たかし
修正波が打ち終われば、トレンド方向の推進波がきますからね。

フラットの修正波

先輩
2つ目はフラットの修正波だ。
これも下のイラストは上昇トレンド中におけるフラットの修正波を描いたものだ。
下降トレンド中におけるフラットは逆にして考えてくれ。

たかし
こちらはジグザグの修正波と違って、大きな戻しがありますね。

先輩
うむ、最もオーソドックスな形は上のイラストのように、a波の始点近くまでb波が戻し、c波はa波の終点を少し割ってくる形だ。

たかし
これだけ戻しが強いと、エントリーしたくなっちゃいますよね。

先輩
b波でエントリーをするとけっこう痛い目にあってしまうのがこのパターンだな。
おまけに、フラットはc波が普通に大きく延長したり、強い銘柄なんかではb波がa波を超えてくるようなこともある。

たかし
なかなか判断が難しそうですね。

先輩
でも、ジグザグの修正波よりははっきりと形に表れるから、出てさえくれれば、その後の展開は読みやすいとも言えるかな。

たかし
たしかに、ジグザグの修正波は押しや戻りが小さいとわかりにくいですからね。
先輩
例えば11月の日経平均の戻しの部分なんかは、かなりきれいなフラットの修正波になっていたよね。
フラットの修正波が完成したな、と思って12月からガンガン売って稼いだ人もいるんじゃないかな。

たかし
なるほど、これを強い戻しだと思って楽観してはいけませんね。

トライアングルの修正波

先輩
最後にトライアングルの修正波を紹介しよう。
これはすでにチャートパターンの講義で解説してきたペナントなんかも同じように考えればいい。

たかし
これはまあ、わかりやすいですかね。

先輩
形が出来上がってくればな。
途中まではやはりジグザグなのか、フラットなのか、色々考えさせられるという形でもある。
トライアングルの修正波は通常5波構成で、A、B、C、D、Eとカウントされるようだ。

たかし
アセンディングトライアングルや、ディセンディングトライアングルなど、形はいくつかありますが、早い段階で気づければトライアングルの中でも利益をあげることはできますね。

先輩
ただ、C波が複雑化したりとか、E波が延長して全部で9波の構成になったりもするから、そう単純にいかないことも多い。

たかし
たしかに、多少ダマしでラインを超えてきたりもしますからねー
先輩
2017年の年末の日経平均は、トライアングルの修正波を上にブレイクして24129円までつけた。
教科書通りの形、とまではいかないものの、やはり5波構成してからブレイクする形というのは、多い実感があるな。

たかし
トライアングルはトレンド方向にブレイクするのがセオリーですから、トライアングルの中でエントリーする場合は、トレンド方向に沿いたいですね。

先輩
ちなみにトライアングルの修正波は第4波で非常に出やすいという特徴がある。
逆に第2波がトライアングルになることは稀なので、覚えておくといいだろう。

修正波のオルタネーション

先輩
ジグザグ、フラット、トライアングルと3つの修正波を解説してきた。
実はこの3つがどれか1つだけ出るというわけではなく、ジグザグとフラットが連結して1つの修正波を形成したり、など修正波はとにかくややこしいことが多い。
その修正波を理解するヒントの1つとして、第2波と第4波は違う波形になりやすい、という特徴があるんだ。

たかし
第2波がジグザグだったら、第4波はフラットかトライアングルになる、と考えればいいんですね。

先輩
そういうことだ。
これをオルタネーションと言って、同じ波の修正波同士は別の形になりやすいという習性がある。

たかし
絶対というわけではないんですね?

先輩
まあ、そもそもジグザグかフラットか曖昧な形もあるし、何とも言えないところはあるかな。
ただ、第2波がシンプルな動きになったら、第4波は複雑化しやすい、とも言えるんだ。
また、時間軸においても第2波が短ければ、第4波は長期化しやすい、というパターンもある。

たかし
ふむふむ、第4波を見る時にいろいろとイメージが湧きやすくなりそうですね。

修正波の種類まとめ

先輩
ジグザグ、フラット、トライアングルの修正波について解説を行ってきた。
実際のチャートを見てみると、どれがどれだか最初は混乱することも多いかと思う。

たかし
最初は推進波か修正波かすらよくわからないですからね。

先輩
まずは教科書通り、きれいに出ているものだけをピックアップしていけばいいだろう。
逆に言えば、細かすぎる波とか、よくわからない波は無理に理解しようとしなくていい。
わかる波に対してだけ、アプローチをしていく
エリオット波動を使ったトレードは実はここが一番重要なんだ。

たかし
波を無理やり解釈しようとすると、どうしてもカウントを間違えることにつながります。
はっきりとわかる波だけに注目していきましょう。

-テクニカル分析

Copyright© 先輩トレーダーから学ぶ株の勝ち方 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.