株初心者向け

株のエントリーの種類とタイミング

更新日:

先輩
今回はエントリーのやり方、考え方について講義を行うぞ。初心者の人はかなり気になるところなのではないかな、と思う。

たかし
はい、エントリーさえうまくなれば!って思いがやはりありますね。

先輩
たしかに、エントリーにはとことんこだわらなければいかん。
なんとなく、とか ついつい、なんて理由では絶対に入ってはいけない。
しかし、エントリーと同じぐらい利確もしっかり考えなければならないし、損切りはさらに重要になるんだ。

たかし
そうですね、まずは資金管理できていることが大前提でしたね。

先輩
【エントリーの前に、損切り 利確ポイントを設定しておく】
これが早く当たり前と思える状態にならなければいけないんだ。

たかし
勝つためには、すべてをきっちりできなければいけないですね!

エントリーの種類

先輩
エントリーには実は3種類しかない!

たかし
え、そうなんですか!?

先輩
・押し目買いや戻り売りを狙った順張り
・ラインを利用した逆張り
・節目抜けを狙ったブレイクアウト
この3つだけだ!

たかし
そうか、たしかに言われてみれば…

先輩
これ以外のエントリーというのは、ファンダメンタルズの観点でのエントリーとか、インカムゲインを狙ったエントリーとか、とりあえずテクニカルとは無関係の話なので、省略することにする。
では、1つ1つ丁寧に解説をしていくぞ。

順張りエントリー

先輩
トレンドフォローの順張りは基本中の基本とも言えるエントリーの仕方だ。

たかし
まさにトレードの王道スタイルですね。


先輩
しかし、初心者はなかなかこれができないし、やろうとしないんだよな。

たかし
ある程度上がっちゃうと、もう上がらないんじゃないかなとか思っちゃうんですよね。

先輩
オレも昔はうまくできなかったからな。
なぜ初心者が順張りが苦手なのか、自分の経験から想像するに
・押し目と思ったら底抜けて負けた
・トレンドと逆行したエントリーをしていた
・高値掴みをしてしまった
この辺りの経験がトラウマになってるのではないかなと思う。

たかし
全て何度も経験済みです…

先輩
では一つ一つ対応策を話していきたいと思う。

押し目と思ったら底抜けた

先輩
これはまあよくあることだ。オレもしょっちゅう食らってるぞ。
押し目買いなんてそんなもんなんだよ。

たかし
やっぱり防ぎようがないのでしょうか?

先輩
押し目というのは、短期的には下げの波動が続いているわけだからな、そんなに都合よく自分がエントリーしたところでピタリと下げ止まる方が可能性が低い、と思わなければならないんだ。
だからこそ、上げだしたところを狙うわけだが
それもまた、上げがすぐに止まって再び下落してきたりなんて事もよくある。

たかし
それ、ほんとよくありますよね。

先輩
基本的に、どこまで押してくるかはわからない
最悪は押し安値まで押すかもしれない
という心構えでエントリーをしなければならないんだ。
もちろん、わかってくるようになると、この辺で止まるだろうという目星はつけられるようになるが、それだって絶対ということはないんだ。
だから、自分の損切りポイントをどこに設定するか
これが非常に重要になってくる。

たかし
やっぱり損切りとエントリーはセットで考えなきゃいけないんだな。

先輩
損切りポイントを浅めに設定して、何度もチャレンジするのもいいだろう。
そのエントリーが、損切りに引っかからず価格が伸びた場合、かなり強い動きが期待できるはずだ。
勝率は多少低いけど、高いリターンが望めるエントリーとなる。

たかし
しっかり損切りできることが必須ですね。

先輩
損切りポイントを少し深めにして、押し安値の少し下に設定するのもいいだろう。
押し安値まで押せば、それなりの確率で反発が期待できるので、損切りになる確率は低いはずだ。
しかしそこまで押したので、その後の反発は強いものではないかもしれない。
勝率はまあまあ高いけど、負けた時の損失が少し大きいエントリーとなる

たかし
こっちはコツコツ勝ちを積み上げていくスタイルですね。

先輩
このように、エントリーは損切りラインの設定と、損切りを事前に受け入れておく準備が必須なんだ。
というか、損失が許容できているならば、どこでエントリーしてもさほど問題はない、ということも言える。
これは順張り、逆張り、ブレイクアウト、全てのエントリーに共通することだ。

たかし
損切りの講義でも話していましたね。

先輩
精度の高い押し目買いを目指すのであればフィボナッチリトレースメントの講義も参考にしてみるといいだろう。

トレンドと逆行したエントリーだった

先輩
5分足では上昇トレンドの押し目買い、のつもりが
日足では下降トレンドの真っただ中
みたいな事が初心者のうちはよくある。
どうしても初心者のうちは狭い部分しか見えなくなってしまうんだな。

たかし
まさに木を見て森を見ず状態です。

先輩
まあオレも何回も繰り返したが、これは努力ですぐ直せるんだ。
前日に日足の分析はしっかり行っておき、当日は日足が上昇トレンドのものだけ買う、などルール化してしまえばいいのさ。
ルールを守るか守らないかは、あとは自分次第だ!

たかし
トレンドの判定はダウ理論で行うんでしたよね。
トレンドに沿ってるかどうか、事前にしっかり分析してからエントリーを行う!
紙に書いて貼っておこうかな。

高値掴みな気がして入りづらい

先輩
これも初心者の特徴 【逆張り思考】からくるものだな。
上がっているものは買いづらく、下がっているものを買いたがる
これは非常によくない悪癖だ。

たかし
でも、高値掴みでかなり損しちゃうと、やっぱり怖いですよ。天井圏からストンと、いわゆるレーザービームで落とされる恐怖といったらもう…

先輩
今エントリーして、まだまだ上の値幅が取れるかどうかをよく考えるんだ。
もう値幅が取れそうもないところでエントリーすれば、当然それは高値掴みになる可能性が高くなる。
エリオット波動の講義をよく思い出すんだ!

たかし
そうか、第3波であれば前回の波の1倍~1.6倍を目安に考えればいいんだ!

先輩
その通りだ。値幅を十分考慮する。
そのうえで、トレンドに乗らなければ大きな利益を手にすることはできない、ということを思い出してほしい。
高値掴みをしないための考え方も参考にしてみるといいだろう。

逆張りエントリー

先輩
順張りの話が終わったところで、次は逆張りの話に移りたいと思う。

たかし
逆張りって、トレンドに逆行したエントリーですよね?それって長期的な話なんでしょうか?短期的な話なんでしょうか?

先輩
けっこうみんな人それぞれの認識でそれぞれの使い方をするから、たしかにわかりにくい。
押し目買いも超短期的には逆張りになっちまうからな。
とりあえず、今から話す逆張りは、日足チャートでは上昇トレンド分足チャートでは下降トレンドのイメ―ジで聞いてもらえればいい。
もちろん分足で買いエントリーを仕掛けていくイメージだぞ。
売りの場合は例によって逆に考えればいいからな。

たかし
わかりました。それならば、日足チャートで見れば順張りエントリーになるわけですね。

先輩
そういうことだ。
長期的なトレンドにはなるべく逆らわない、というのがオレが基本にしているスタイルだ。


先輩
逆張りは天底を見極めて仕掛けていくものだ。
失敗すれば一気に値が動く場面でもあるので、リスクは高いと言わざるをえない
赤いラインを引いているが、このラインが非常に強力なレジスタンスラインやサポートラインであることが前提のエントリーとなる。

たかし
このラインにタッチしたらエントリーですか?

先輩
いや、それだと一発でラインを割ってきた時にかなりやられてしまうだろ?
ラインでどういう反応をしたか、見てからエントリーをすることが大事だ。
株ではローソク足だけでなく、板、歩み値、出来高にしっかり注目して判断していく。
FXでは、1分足の動きをしっかり注目して判断していく。

たかし
なるほど、しっかり反発するかどうか、を見るわけですね?


先輩
そうだ、上図のように、サポートラインで長い下ヒゲが出てくれば買いを仕掛けていく。
売りの場合は、レジスタンスラインで長い上ヒゲが出てきたら売りを仕掛けていく。
もちろん絶対はないので、また逆行してきたら、損切りはさっさと行うんだぞ。
そして、利確も早めに行うんだ。当然伸ばせるようなら伸ばすべきだがな。
まあ、反発の1波で割とサクッと確定させるプランでいいだろう。

たかし
ここからトレンドが転換して、持ってれば良かった、ということにもなりませんかね?

先輩
そうなることもあるだろう。
その時はその時、また押しや戻りを丁寧に拾う順張りを行っていけばいいのさ。
逆張りは中級者向けのエントリーになるからな、徐々に慣れてから行うようすればいいぞ。

たかし
わかりました!たしかにまだ僕には難しそうです。

ブレイクアウトのエントリー

先輩
最後にブレイクアウトのエントリーだ。
節目をブレイクした方向にエントリーする、そういう意味では節目の反発を狙う逆張りエントリーと真逆のエントリーとなる。

たかし
そうか、節目を抜けるか、節目で反発するかの違いですね。


先輩
だから、赤いラインは重要な節目でなくてはならないんだ。そうでなくてはブレイクアウトとは呼べないだろう。
このブレイクアウトのエントリーなんだが
3つの中で最も難しいエントリーである
とオレは思っているんだ。
つまり最も初心者には向かないエントリーだ。

たかし
ええ!?でも大抵の教科書にはブレイクアウトが基本のエントリーとして紹介されてますよね??

先輩
そうなんだよ。それはすごい問題だと個人的には思ってる。
なにしろ知名度だけは抜群にある手法だからな、様々な初心者がブレイクアウトで大きく資金を飛ばしているイメージだ。
初心者がなかなか勝てない理由の1つとして、このブレイクアウトのエントリーが多いからってのがあると思うんだよなー。

たかし
たぶんブレイクアウトのエントリーをしている人は多いと思いますよ。

先輩
ただし、うまくいけば非常に大きな利益になる可能性があるという特徴があるぞ。
オレの知り合いの凄腕トレーダーにも、常にブレイクアウト狙いの人がいてな。
「打率は低いが、当たればホームラン」
みたいな事をよく言ってるもんだ。

たかし
急騰銘柄なんかはそれで乗れればすごい利益になったりしますもんね!

先輩
大きく値を伸ばすには、必ずどこかでブレイクアウトをしていく。当然のことだがな。

たかし
そうですね!ところで、ブレイクアウトはなぜ初心者には難しいのですか?

先輩
理由の1つは、メンタルをぶらされやすいからだ!
ブレイクアウトはライン付近でかなりのノイズが入るんだ。
つまり、値が上下にガチャガチャ激しく動くんだよ。
初心者がその上下に冷静に対処していくのはかなり難しいことだろう。

たかし
ブレイクしたと思ったらとんでもなく押して、そこからまた上に飛んでったり、すごい動きになることありますよね。

先輩
もう1つは、ブレイクアウトはしばしばダマしが起きるからだ!

たかし
ブレイクしたと見せかけて、ってやつですか。


先輩
上図のように、節目を超えたと思ったらすぐさま急落してくるような動きだな。
ブレイクアウトに失敗すれば、失望売りで多くの人がポジションをぶん投げて一斉に損切りを行うことになる。
ダマしとわかった時も同様に、一斉にぶん投げ祭りが起こりやすいんだ。
損切りがまだ100%しっかりできていないような初心者が、こんなシチュエーションにあったらどうなるか?

たかし
損切りも何もできず、ただただ茫然とするばかりです

先輩
「どうしよう、やばいやばい…」
なんて思ってるうちにどんどん含み損が増えていくような状態になるんだ。
そして、さっきの話でもあったが、これを何度か繰り返すとそのうちに高値掴みに対する恐怖心が植え付けられ
押し目買いの順張りができなくなる、という弊害も生まれてしまう。

たかし
これはかなりまずいコンボですね。

先輩
まずはブレイクアウトをしっかり観察し、検証することだ!
どのくらいのスピードで、どれぐらいの損失になるのか
どれぐらいの勝率で、どれぐらい利を伸ばせそうか
これぐらいはしっかり検証しておかないと、リアルのチャートではとても冷静にポジションなんか取れないだろう。

たかし
検証をしっかりすることで、冷静にトレードをすることができるわけですね。

先輩
すべてに言えることだが、検証は自分自身で行わないとダメなんだ。
ここでオレが「この手法の勝率は〇〇%だ」
とか言っても、人間は他人の言う事なんか腹の底から信用することなどできないんだよ。
だが、自分自身で必死こいて検証を行ったデータってのは、確信が持てるんだ!
結局は、勝つか負けるかはその時の相場次第だけどな、その確信を持っていればメンタルをしっかりと保つことができるわけなんだ。

たかし
やっぱりトレードで勝つには地道な努力が問われますね!

先輩
ブレイクアウトの手法で注目すべき株チャートの形ではブレイクアウトに特化した講義を行っているので、そちらも参考にするといいだろう。

株のエントリーの種類とタイミングまとめ

先輩
初心者がとにかく課題としているエントリー
その本質は実にシンプルで、難しく考える必要がないことが伝わっただろうか?

たかし
順張りの話なんかは、もっとシンプルに考えようと思いました!

先輩
では、今回のエントリーについてまとめてみたいと思う。
・エントリーは3種類しかない
・エントリーのポイントより、損切りの設定がもっとも大事
・順張りはトレンドに必ず沿う
・逆張りは飛びつかず、節目での反応を見る
・ブレイクアウトはハイリスクハイリターンであり、もっとも難しい

たかし
自分に合ったエントリー、早い段階で確立させていこう!

株の利確のタイミングとは を読む

雑談コーナー

先輩
勝てなかった頃はとにかくムダなエントリーが多かったなあ…
損切りが徹底できるようになっても、結局ムダなエントリーのせいでマイナスになっていくんだよな。

たかし
どうしてムダなエントリーってしてしまうんでしょうかね…

先輩
ポジポジ病なんて言われるがな、やっぱり自分に自信があるんじゃねーかな。まったく根拠はないんだろうけどさ、どこかで自分は大丈夫だろう、なんて思ってるんだろう。

たかし
謙虚になってるつもりではいるんですけどねー難しいものですね。

先輩
謙虚さが足りないんじゃないのか?
もっと自信喪失したような状態でやってみろ!
よし、今から100人ナンパしてこい!そしたらほとんど失敗して自身喪失につながるだろ!w

たかし
いやいや、絶対トレードの成績と関係ないでしょう!

先輩
まあでも、人生お先真っ暗で絶望してるような人間がトレードやったら案外勝てるかもなw
それぐらい謎の自信にあふれたバカが多いんだよこの世界は。

たかし
そういう人はまず元手がないですって。

-株初心者向け

Copyright© 先輩トレーダーから学ぶ株の勝ち方 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.