チャート分析

2月3週の日経平均、NYダウを分析する

投稿日:

先輩
先週末のSQにかけての売り仕掛けに対し、今週は反発を見せ、まさかの高値超えという展開になったな。

たかし
あれだけ超えられなかった21000円の壁を、今度はあっさり超えてしまい、びっくりしましたね。

NYダウはさらに続伸し、26000ドル目前へ

先輩
今週はオレも正直かなり逆をつかれてしまったなー
いつ下がってもおかしくないような位置で売り仕掛けが来たから、これはもう下かなと思ったんだけどな。

たかし
週初めはまさに火柱って感じの上げになりましたね。

先輩
21000円を本来は超えていてもおかしくないのに、無理やり抑え込んで、無理やり下げ、そして今度は価格が本来の位置に是正された、という事なのだろう。

たかし
SQ絡みの大きな値動きは、今後注意したいですね。

先輩
まあ自分の見立てが間違っている時は、そこでスパッと考え方を修正することだ。
さて、今日はNYダウから見ていこうと思う。
先週の分析ではNYダウのシナリオを考え直すべき位置まできている、という事を言ったと思う。

たかし
米中貿易問題の解決期待が続き、金曜日は終日強く、25883ドルで引けています。

先輩
25000ドルそこそこまでの戻しかと思ってたけど、ここまで来るといわゆる教科書的なフラットのb波をイメージしておいた方がよさそうだな。

たかし
修正波の講義で習いましたね。
a波の始点近くまでb波が戻し、c波はa波を少し割るぐらいの位置まで下げると。

先輩
うむ、なので最終的には最高値の26951ドル付近まで目指す動きになるんじゃないかと考えている。
もちろん下のチャートより、実際はもっと時間がかかるかもしれないけどな。

たかし
なるほど、このまま一直線に上がっていくんでしょうか。

先輩
そこが難しいよなー。
このb波の中も当然副次波があって、3波構成になるのがセオリーだ。

たかし
副次波の講義でも習いましたが、b波の中も基本的にはジグザグやフラットになるわけですよね。
先輩
そうだな、今後この赤い波のように、深めの押しをつくってから再度上昇、というシナリオも考えておきたいな。
押しをつくらず一直線、というシナリオと
ジグザグではなくフラットでかなり深い押しになるシナリオも考えておこう。

たかし
今のところ一番自然なシナリオはさっきの赤い波のようなジグザグパターンでしょうか?

先輩
それが一番自然な動きではあるよなー。
なぜなら、もうすぐ前回の戻り高値という節目が迫っているからな。

たかし
マザーズ指数の調整で習った、高値を超えてきたら調整が入る、というやつですね。

先輩
まあでも、26277ドルなんか超えてきたら、それでもうb波完成なんじゃないか?って位置だよなー
なかなか難しい判断を迫られそうだな。

たかし
フラットは高値を超えてくるようなものもありますし、今後も厄介な動きになりそうですねー。

先輩
いずれにしろ、前回の戻り高値である25980ドルと26277ドル。
この価格にとうとう差し掛かってきたので、このあとの反応を見てみたいね。

日経平均は21000円の節目超えも、勢い弱い

先輩
NYダウが最高値付近まで上げていくのなら、日経平均もそうなると思いがちだが、現状はNYダウの戻しに比べて遥かに弱いと言える。

たかし
たしかに、ダウは去年の下落に対してかなり戻してきていますが、日経はまだまだという感じはあります。

先輩
すでに20%近く底値から戻したダウに対し、日経平均は12%程度しか戻せていない。
なので例えば24000円を目指すような動きには、現状は到底思えないな。

たかし
金曜日のダウの上昇を受け、日経平均先物は21180円で引けています。
来週はさらに上昇していく動きとなるかもしれませんよ?

先輩
もちろん、ここから上値をどんどん更新していく動きとなれば考え方を変えるべきだが、現状はまだ先週までと同じかな。

たかし
ダウが下げるタイミングで5波となるのかどうか、ですね。

先輩
ま、とりあえず21000円をしっかり超えてきたことによって、インパルスは否定されたということにはなったな。

今週の相場分析まとめ

先輩
なかなか難しい展開が続いている。
素直に上昇の波に乗れなかった人も多くいるだろう。
しかし今から上値を追っていくのはいよいよ本当に警戒すべき水準に差し掛かってきた。

たかし
NYダウは節目を超えるのか、超えてからどう動くのか。

先輩
NYダウの年初からの上昇は、特に節目がないからスルスルと行ったものだと考えられる。
だが、ここへきてやっと節目にぶち当たることになる。
節目に差し掛かれば、普通に考えれば調整局面となるわけだが…果たしてどうなるだろうか?

たかし
ただ、あせりすぎず、ダウが崩れるまでは上目線でいなければいけませんね。

-チャート分析

Copyright© 先輩トレーダーから学ぶ株の勝ち方 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.