チャート分析

ゲーム関連株に資金が集まる その2

更新日:

先輩
前回のゲーム関連株に資金が集まるではenish、Appbank、サイバーステップを取り上げてきた。
今回はその他の期待できそうなゲーム関連株のチャートを見ていこうと思う。

たかし
日経平均は順調に上昇を続けていますね。
マザーズ指数もこれに続いて上がってくると、ゲーム関連株も大きく急騰する動きが期待できます。

エディアは出来高を伴い上昇中

先輩
まずはエディアから見ていこう。

たかし
ここ数日勢いよく上昇していますね。

先輩
エディアも超小型株で、値動きがとにかく軽い。
押し目はしっかり待たないと大きくやられるし、上がる時は置いていかれるような動きになりやすい。

たかし
エリオット波動で推進波と修正波の見極めをしっかり行っていきたいですね。

先輩
日足チャートを見てみると、まだ日足レベルの深い押し目は入っていない状態だ。
しかし、出来高を伴った上昇を見せているので、まずは前回高値を目指す動きになるのではないかと期待している。

たかし
出来高はすでに前回高値をつくった時よりも大きくなっていますね。
この後はどのような動きになっていくのでしょうか?


先輩
上のチャートはエディアの30分足チャートだ。
全体的に見るとなかなか波が複雑になっているようだ。
とりあえず3月11日から4月1日の中の話で言うなら、現在第5波に入っているものと考えている。
緑の5波動の中に、副次波の紫の波があるようなイメージだな。

たかし
なるほど、ではこのあと大きい規模の修正波a、b、cが入ってくるのを見極めたいですね。

先輩
そうだな、まだ第5波の伸びが残っている可能性はあるが、おいしいところは取りあえず終わってしまったかなと思える。

たかし
やはり第3波の強い上昇は狙いたいところですね。

先輩
うむ、あとは第5波も非常に狙いやすい動きとなったと思う。
前回も説明したが、第1波の高値と第4波の底値がレジサポの関係になっている。

たかし
今回もばっちり反応していますね。

先輩
それから、第5波の中ではトライアングルが出ていたので、このあとの第5波の推進部分の上昇も予測しやすかったのではないかと思う。

たかし
修正波の講義でトライアングルを復習しましょう。

初押しのケイブは反転待ち

先輩
次はケイブを見ていこう。
ケイブは底値608円から1391円まで上昇し、すでに値幅を取ったように思われるかもしれないが、まだ日足レベルの押し目はきていない状態だ。

たかし
ちょうど今、第2波の押し目がきているような段階でしょうかね。

先輩
初押しは買い、なんて言われているが、これはエリオット波動的にも第2波やb波を拾い、第3波やc波を狙うという意味で理にかなっている。

たかし
押し目が完了し、反転してくるのを待ちましょう。

先輩
6月4日の1771円を目指すような動きになってくれことを期待したい。

エクストリームは巨大な窓を埋める事ができるか

先輩
エクストリームは非常に興味深いチャートになっているね。
2月のストップ安の後、大きな出来高を伴ってもみ合った価格帯を上抜いてきたところだ。

たかし
ストップ安から寄り付いた2日間は、たしかに異常に出来高ができていましたね。

先輩
この非常に上値が重たいであろう価格帯を1度上抜けてきて、現在は調整が入っている状況だ。
再び上向いた時は、いよいよポッカリと空いた窓に対してどのような動きを見せるのか、注目したい。

たかし
1000円ぐらいの規模の窓ですからね、埋める動きになればかなり値幅が出そうですね。

先輩
上のチャートはエクストリームの30分足チャートだ。
先ほどの上値抵抗線を抜いてきた起点で現在は反発しているように見える。

たかし
ここらへんは買い圧力のゾーンがあるというイメージですね。

先輩
もちろんここからまだ下に掘る可能性も十分あるが、このゾーンで反発して上へ向かうなら1度買ってみたい位置ではあるかなと思っている。

たかし
下がりすぎて触りたくない人も多いとは思いますが、注目していきましょう。

アエリアはダイアゴナル5波なるか

先輩
最後にアエリアを見ていこう。
アエリアは年始からしっかりと押し目を作りながら、出来高を伴った上昇を見せている。

たかし
現在は第4波の押しだとするなら、この後は第5波の上昇が望めますね。

先輩
もちろんこの波がa、b、c波でこのまま下がっていってしまう可能性もあるが、これまでの強い上昇をを考えれば、ここは5波目に期待したいところだ。

たかし
そろそろ反転してくるような位置にも見えますね。

先輩
ただ注意したいのは、第5波に移ってもこれはダイアゴナルの推進波であるということだ。
ダイアゴナルの第5波は強いのか弱いのかいまいち見当がつかない場合が多い。
なおかつ、第5波のあとの下落は非常に強いパターンも多い。

たかし
長々と続く強い第5波になることもあるし、第3波の高値を少し超えて終わってしまう第5波もあるって感じですよね。

先輩
だからなるべく有利な位置でエントリーをしていきたいところだな。
あんまり後乗りで入っていくと、思わぬ負け方をすることも考えておこう。

たかし
波の切り替わりをよく見ておきましょう。

ゲーム関連株その2まとめ

先輩
前回のゲーム関連株に資金が集まるに続き、いくつかの銘柄のチャートを見てきた。
どのチャートも期待したいところではあるが、共通して言えるのは過去のしこりがあるということだ。
なので、基本的には短期急騰銘柄として、しっかりと利確をしていくべきだと考えている。

たかし
過去にサイバーステップやエクストリームは大相場を作りましたが、しこりのある銘柄ではそういう動きは期待しない方が良さそうですね。

-チャート分析

Copyright© 先輩トレーダーから学ぶ株の勝ち方 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.