テクニカル分析

チャートの波の引き方~正しい波形認識のやり方とは?

投稿日:

先輩
今日は久しぶりに基本に立ち返り、チャートに波を引く時の正しい引き方について解説を行おう。

たかし
波を正しく引くことができないと、ダウ理論における押し安値、戻り高値の認識もズレてきてしまうので、とても大事な技術になりますね。

波を正しく引く意味とは

先輩
まずテクニカル分析全般に言えることだが、何のために行うのか、ということは常に意識しておくべきだろう。
正しく波形認識を行う意味はいくつかある。

たかし
正しくトレンド判定をすることや、相場がどういうサイズで動いているのか、といったところでしょうか。

先輩
そうだな。さっきおまえが言ったように、押し安値や戻り高値の認識が相場の認識とズレていたら、これは相場の見方が間違っているということになってしまう。
それはすなわち、今現在のトレンド認識を間違えていることになり、エントリーも無茶苦茶なものになってしまうだろう。

たかし
重要な押し安値、戻り高値を抜けるかどうか、ここを基準に相場は常に動いているんですよね。

先輩
そして、相場がどのような規模で動いているのか
これも理解できないと、目先の上げ下げに翻弄されてしまうことになるだろう。

たかし
意識されていない安値は要注意の講義でも解説していたことですね。

先輩
相場がどのような規模で動いているのか、これを知るためには相場の波をエリオット波動の波に当てはめていくことが必要になる。
もちろん、全ての動きがエリオット波動の定義によって分類できるかと言われれば難しいだろうが、ざっくりと相場の動きや方向性、現在位置なんかが把握できればそれでOKだ。

たかし
相場の現在のトレンド、どの規模で動いているのか、現在何をしているところなのか、これらを知るだけでも間違ったエントリーはだいぶ減りますからね。

先輩
そういうこと。
大事なのは、これらの情報を客観的に分析して把握すること
オレ達の主観的な勝手な見方ではなく、相場がどう見ているのか、という視点で分析していくことだ。

たかし
正しい波形認識は、その客観的な分析の第1歩ということですね。

トレンドの定義に沿って波形認識を行う

先輩
波形認識を行う時は、まずはダウ理論におけるトレンドの定義に従って引かなければならない。

たかし
トレンドの定義とは、安値、高値を切り上げ続ける限りはアップトレンドが続く
安値、高値を切り下げ続ける限りはダウントレンドが続く、というものですね。

先輩
うむ、だから高値を抜ければ1つの波としてカウントをし、安値を抜ければ1つの波としてカウントをする。
ということをあらゆる時間軸、あらゆる規模で行っていくのが正しい波形認識のやり方だ。

たかし
上のイラストのように、注目されている高値、安値を更新することによって、1つの波としてカウントされるわけですね。
先輩
だからこのイラストのように、安値を更新していないにも関わらず、波として描いてしまう波形認識のやり方は、トレンドの定義から説明すれば間違ったものということになる。

たかし
押し安値を下に抜けるまでは、アップトレンドの継続ということになり、波は引けないということになるわけですね。

先輩
「だけどこれ、エリオット波動の推進5波のあとのa、b、c波じゃねーの?」という突っ込みが入るだろう。
まったくその通りなわけだが、それはあくまでもトレンドの定義を理解したうえで取り掛かることなんだ。
この順番を間違えて学習するから、みんなわけわからない相場の見方になってしまうんだ。

たかし
まずはトレンドの定義に従って、波をどんどん引いてみるといいですね。

実際のチャートでの波形認識のやり方

先輩
さて、では実際のチャートではどのように波を引いていくのが正しいアプローチなのか。
いくつかのチャートを用いて解説を行っていこう。

たかし
これはネオスの、7月の急騰から現在までの日足チャートですね。

先輩
このチャートに波を引いてみろ、というと、よく理解していない人はこのように引く。

たかし
んー見たまんまというか何というか…

先輩
トレンドの定義にも沿ってないし、規模もバラバラ。
これで一体何が見えてくるんだって話になる。
トレード初心者なら、見たまんまにまずは引いていけばいいが、驚くことに何年もトレードを続けている人でも、こういう波を引いている人はたくさんいるんだ。

たかし
これでは波を引く意味がわからなくなりますからね。
まずはトレンドの定義に沿って僕が引いてみましょう。
先輩
うん、だいぶスッキリとしてきたな。
こうやって波を引くと、現在の状況がよくわかる。
つまり現在の位置は波が引けない位置だということだな。

たかし
10月25日につけた1527円の高値と、11月6日につけた安値1048円の間でずっと収まった動きですね。

先輩
1つの波の中で上下している動き
つまり、ウダウダとしたはっきりしない動きが続いている、ということがわかる。
これが把握できるだけでも、トレンドの定義に沿った波形認識をする意義はあるだろう。

たかし
ただ、目線がどっちなのかはよくわからない状態ですね。

波形認識をエリオット波動に落とし込む

先輩
うむ、トレンドの定義に沿って波形認識をしたら、いよいよエリオット波動に落とし込む作業に取り掛かる。
上で行った波形認識をさらに規模を整えて、エリオット波動の各波の特徴に合わせて引いていく。

たかし
詳しくはエリオット波動の各波の講義を参照してみてください。
先輩
各波の特徴と、波の規模を整えるとこんな感じにオレは描けるな。
ちょっと特殊な例で、第5波が第3波を超えることができない、未達成(フェイラー)のパターンだ。
で、現在は修正波abcが連続して出て、ウダウダやっていると。

たかし
なるほど、この見方で行くと、この銘柄はずーっと上目線ということになりますね。

先輩
そういうこと。
また高値を更新する動きが始まれば、追っていきたい銘柄ではあるよね。

たかし
売り買い両方できる銘柄ですから、大きく動いてほしいもんですね。

フリークアウトを波形認識してみよう

先輩
せっかくだからもう1つ、話題のフリークアウトのチャートでも波形認識してみようか。

たかし
ずっと下落トレンドにありましたが、ここのところの上昇はものすごいですよね。

先輩
では、まずはこのチャートに波を引いてくれ。
最初だけ少し波を引いてあるから、続きをトレンドの定義に沿って波を引いてみてくれ。

たかし
こんな感じでしょうか。
高値2705円からの下落は、安値1527円を切るまで1本の波で描くことになってしまいますね。

先輩
おー、いいね。
5月7日の安値1527円を初めて割ったからこそ、8月22日の安値から10月2日の高値が波として描けるわけだ。
つまり、この半年間に及ぶ下落の中で、もっとも重要な戻り高値は1945円だということがわかる。

たかし
ふむふむ、そしてその1945円を抜いてきたからこそ、こんなに上昇しているわけですね。

先輩
そういうこと。
エリオット波動に当てはめるとこんな感じかな。
下降の1波目は特にどこかの安値を更新したわけでもないんだが、まあこう解釈するのが自然かと思う。
大事な事は、4波目の高値を更新して目線が上に変わった、と気付けることだ。
そして、これはエリオット波動を知らなくても、トレンドの定義に沿って波を引ければ気付ける、ということだ。

たかし
んー波を正しく引くことがどれだけ重要な技術なのかがよくわかりますね。

先輩
ちなみに、今現在が推進波の1、2、3波が出ているのか、それとも修正波のa、b、cなのかは断定できない。
どちらかと言えば推進波っぽい動きではあるが、あまり決めつけないことだな。

たかし
シナリオは複数持っておきましょう。
a、b、cだとしたらこのあと大きな下落になってもおかしくはないですからね。

波形認識の正しいやり方まとめ

先輩
正しく波形認識を行うことは、正しく相場を見る事につながる。
正しく相場を見る事ができれば、重要な高値安値を知る事ができ、フリークアウトのように明確な目線の切り替えポイントがわかるだろう。
たかが波引き、されど波引き
とにかく数をこなして何百枚ものチャートに波を引く練習をするといいだろう。

たかし
描かなくても波が目にはっきり浮かぶまで練習あるのみです!

-テクニカル分析

Copyright© 先輩トレーダーから学ぶ株の勝ち方 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.