デイトレ

IPOデイトレ~AmidaホールディングスとAmazia

投稿日:

先輩
本日12月20日はAmidaホールディングスとAmaziaの2社が上場した。
なんだか紛らわしい名前の2社だが、いつものようにそれぞれの会社概要と、今日の5分足チャートを見ていこうと思う。

たかし
今日は日経平均がかなり下落してしまいましたね。

先輩
こんな売り一色の日に上場となるとはね、同情するよ。

Amidaホールディングスの概要

公募株式数(公募:100,000株 / 売出:415,000株)売出株式比率:80.6%
オファリングレシオ 28.2%
公募価格 1,460円
吸収金額 8.64億円
時価総額 30.6億円
ベンチャーキャピタル 保有なし

先輩
Amidaホールディングスはハンコのネット販売をやっている会社のようだな。
規模は小型でベンチャーキャピタルの売りが無いのはいいが、売出が多く、何より業種が地味すぎるな。

たかし
たしかに、テーマ性があるわけでもないですからね。

先輩
まあ新元号関連とか言って物色される可能性はあるんだけどね。
ただそれだけの理由で買うのもなあ…
安いところを長期で持つつもりならいいかもしれないが。

たかし
新元号関連ですか、それはムリがありそうですが…

先輩
いや、仕掛ける側は何でもありだからな。
あいつら、吊り上げるためならどんな理由付けでも強引にするよ。

たかし
ほうほう、そういうもんですか。

先輩
マイナス金利の時なんか、金庫需要が増えるとか言って、金庫関連の銘柄を吊り上げたからなw
金利を払うのは銀行であって、個人じゃないんだからさ、金庫なんか売れるわけねーのに。

たかし
たしかに、あの時は銀行に預けてたらお金がかかる、みたいに一瞬だけ騒がれていましたね。

Amidaホールディングスの5分足チャート

先輩
初値はなんとか公募割れを避けることができたが、なかなか悲惨な値動きとなったな。
てか、今年はこんな動きばっかりだなー

たかし
さすがに今日の地合いでは厳しかったですね。

先輩
公募割れで全然反応してないのがヤバいな。
しかし、かなり安い水準になっているから、一応2日目から監視はしておいた方がいいだろう。

たかし
田中建設工業の例がありますからね。

Amaziaの概要

公募株式数 (公募:240,000株 / 売出:55,500株)売出株式比率:18.8%
オファリングレシオ 10.4%
公募価格 1,320円
吸収金額 4.48億円
時価総額 43.5億円
ベンチャーキャピタル 278,000株(ロックアップは250,000株)
ロックアップ条項 90日or 1.5倍

先輩
マンガBANG!っていうアプリを提供している会社みたいだな。
これはなかなかくせ者のIPOだ。

たかし
小型の規模でオファリングレシオも低めです。
かなり需給面はいいのではないでしょうか?

先輩
うむ、需給面はいいがベンチャーキャピタルの売りがどこで出てくるのかが注目されることになる。

たかし
ロックアップは90日or 1.5倍になっていますね。

先輩
公募価格の1.5倍になった瞬間にベンチャーキャピタルが売れる、ということになるので、このラインがかなり意識されることになる。

たかし
1980円がロックアップ解除ラインとなりますね。

Amaziaの5分足チャート

先輩
チャートを見ればわかると思うが、ロックアップ解除ラインが決まっている場合、必ずそこで売りが入る
だから事前にこの情報を知らずにエントリーしてしまえば、絶対的に不利になるだろう。

たかし
下で拾って、ロックアップ解除ラインの手前で売り抜けよう、と普通は考えますもんね。

先輩
個人トレーダーなら当然そう考える。
だが、それではベンチャーキャピタルはいつまでも売ることはできない。

たかし
90日待つしかなくなりますよね。

先輩
だから、ベンチャーキャピタルは自ら株価を吊り上げるような事をするケースもある。
自分たちが売り抜けるためにな。

たかし
なるほど、どこかで仕掛けが入る可能性はあると。

先輩
ロックアップ解除ラインを明確に超えてきたら、ベンチャーキャピタルが動いてきたかもな、という目で見てみるといいだろう。
ま、そうでなくとも初日は初値をずっと上回って推移していたし、今のところはなかなか期待できそうな動きではあるな。

たかし
地合いさえよければもっと高値がついていたでしょうね。

AmidaホールディングスとAmaziaまとめ

先輩
今日紹介したAmaziaみたいに、ロックアップ解除ラインが設定されているといった情報は必ず下調べをしておくように。
特に明日は一気に4社上場となる。
面倒くさがらず、1社1社しっかりと情報を精査してからエントリーをするように。

たかし
監視リストも多くなりますが、あせらずチャンスを探していきましょう。

-デイトレ

Copyright© 先輩トレーダーから学ぶ株の勝ち方 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.