株初心者向け

空売りのやり方~エントリーの考え方と注意点

更新日:

先輩
相変わらず日経は強いねえ。そろそろ大きめの調整でも入らんかなー

たかし
もうこれだけ強いと大きく下がるイメ―ジがわかないですね。

先輩
多くの人が楽観的になったらきっとくるぞ!

たかし
またまたー

先輩
まあしかし、上がり続ける相場などない。いつかは必ず下降トレンドに転換する。
その時は当然、空売り主体で戦っていく必要がある。空売りの勉強はちゃんとしているかね?

たかし
勉強はしていますが、なかなか実戦では使ってないですね。

先輩
まあ今は空売りする場面じゃないからな、それが正しいんだが。
しかし、いつかくる暴落に備えて、今日はしっかり空売りについて学んでくれ!

たかし
備えあれば患いなし!

初心者は空売りが苦手

先輩
前に株とFXの違いとは?でも少し触れたことではあるが、初心者は空売りが苦手だ。
ほとんどの人が買いポジションの方を多く取る。または買いポジションしか取らない。

たかし
信用取引が必要になりますし、空売りができない銘柄も多いんでしたよね!

先輩
そうだ、そして空売りは悪だの、損失が無限大だのということを教わり、敬遠していることが多い。
しかし、下降トレンドに相場が転換した時、買いのみで戦えば間違いなく資金を失っていくことになるだろう。
上げ相場で稼ぎ、下げ相場でそれ以上を失う。
個人投資家というのはいつもその繰り返しだ。
上げ相場でも下げ相場でも稼ぐ。そのために空売りを覚えることが必要なのだと早く気付くべきだろう。

たかし
そうですね!空売りのエントリーは買いを逆さまにしたもので、基本的には同じと考えればよいのでしょうか?

買いと空売りのエントリーの違い

先輩
空売りのエントリーに関しては、基本的には買いと同じと考えてよい。
先輩
戻りをしっかりと売っていく順張りスタイルが王道パターンだろう。
もちろん逆張りやブレイクアウトのエントリーもエントリーの講義で述べたものと同じように考えればよい。
ただし、まったく全てが同じかと言えば、そうではない。

たかし
どのような違いがあるのでしょうか?

空売りはスピードが速い?

先輩
株価か下落する時というのは、上昇する時の3倍のスピードで下落していく、という話がある。

たかし
3倍!?そんな値動きしてましたっけ?

先輩
今は上昇トレンドの真っ只中だからな、あまりそういう動きも目立たないのだろう。
だがこの上昇トレンドの中においても、下落トレンドの銘柄はそういった動きになっているものも数多く見つかるぞ。
たかし
ダブルスコープの週足チャートですね。たしかに白い円で囲った部分を見ると、ジワジワ上げてきた価格を一気に下げていますね…

先輩
本当の下降トレンド相場に移行した時、このようなチャートばかりになるからな。よく覚えておくように!
下げの動き全てが3倍のスピードというわけではないが、そういう傾向にあるのは事実だ。

たかし
おそろしいですね…
あ、でもチャンスと考えなきゃいけないんですよね…
ところでなぜ下げの動きはスピードが速いのでしょうか?

先輩
それは先ほども言ったが、個人が買いポジションを多く取るからだろう。
損切りの講義で話したプロスペクト理論は覚えているか?
人間は利益を得る喜びよりも、損失を抱える痛みの方がエネルギーが強いんだ。
そして大きな値動きに弱いので、持ち株が大きく値下がりした時に、パニック売りにつながりやすいんだ。

たかし
んん、ということはもしかして空売りの方が儲かりやすいのですか!?

先輩
そうだなー、正確に比較することは色々と前提条件が難しいだろう…
ただ言えるのは、下降トレンドの時の空売りは驚くほど利益がバンバン膨らんでいくぞ。
スピードが速い分、エントリーに乗り遅れることもよくあるがな。少し早めのタイミングを意識するといいだろう。

たかし
やはり…スピードが速いというのはそういうことですもんね。

機関投資家の空売り(売り崩し)

先輩
今の話の続きになるが、下げのスピードが速いのは機関投資家が空売りを仕掛けてくることも影響しているだろうと思う。

たかし
機関投資家はやはり個人を狙い撃ちしてきたりするのでしょうか?

先輩
そういうことは多々あるだろうな。
なぜなら機関投資家達は、どういう値動きを作り出せば個人が恐怖を感じるか、つまりどういう揺さぶりをかければ個人がポジションをぶん投げるか、このポイントを知り尽くしているんだ。

たかし
ええ!?それは太刀打ちできませんね。

先輩
板読みの講義でも話したがな、多くの素人が恐怖を感じるポイントなんて似たり寄ったりなんだろう。
感情でトレードしていればいつも同じような場面でメンタルがぶらされる。
機関はそういった長年にわたってのデータを持っているのではないかと推測する。

たかし
僕らは見事にカモられてるんですかね。

空売りを仕掛ける時の注意点

先輩
下降トレンドの時に威力を発揮する空売りだが、いいポイントだからといってなんでもかんでもエントリーすればいいというものではない。
ここではエントリーを避けた方がよいものを3つ紹介したいと思う。

たかし
リスク管理は買いも売りも関係なく最重要事項ですね!

逆日歩を確認して空売りをしよう

先輩
「ぎゃくひぶ」と読む。
貸借銘柄において空売り注文があまりにも殺到した時、株不足となって手数料である逆日歩が高くつくことがある。
まあ大抵は急騰銘柄で起こることだからな、そういう銘柄での空売りはリスキーな逆張りなため、おすすめはしない。

たかし
逆日歩の仕組みや計算方法は検索するといろいろ出てくるので、気になる人は調べてみよう!

仕手株における空売り

先輩
赤字企業で今にも倒産しそうな、いわゆるボロ株を仕掛けて大相場を演じる仕手株。
こういった仕手戦でも安易な空売りはしない方がいいだろう。

たかし
最後にはどーせ下がるんでしょ?と思って入りたくなってしまいますよね。

先輩
たしかに最後には下がるケースがほとんどなんだが、大相場を演じている最中はどこまで上げてくるのか見当もつかないんだ。
仕手戦は売り方も買い方も殺しにくるようなえげつない動きをしてくるのが普通だ。
必ず何回もメンタルを揺さぶられるような動きになる。その時点で勝率はかなり下がると言えるだろう。

たかし
仕手株は触らないようにします。

低時価総額の銘柄、テーマ株の空売り

先輩
数十億円程度の時価総額の銘柄や、テーマ性のある事業を行っている会社の空売りも非常に危険だ。
とんでもない特大材料が発表されればまさに命まで取られかねないだろう。
空売りのプレイヤーはどこか強気なやつが多く、リスク管理が甘い傾向があるからな、このポイントは本当に抑えておいた方がいいぞ。

たかし
ある有名な個人投資家が、フィンテックの本命で売りで担がれてましたよね…

先輩
あれだけの凄腕トレーダーでもそういうことがあるんだ。我々はさらにリスク管理を徹底しなければならない。
しかし、あれだけの損失をそこから取り返していくんだからな、やはり本物だよなあ。

たかし
僕の憧れです!

空売りのやり方まとめ

先輩
空売りついて話してきた。
リスク管理をしっかり行っていけば、空売りはいかに有効な手法か理解できただろうか?
先ほど述べた注意点をしっかり理解し、今後くるであろうトレンド転換に備え、まったく空売りをしてこなかった人も少しづつでいいので練習していってほしいと思う。
それから、実践的な空売りの講義もあわせて学習してみてくれ。

たかし
信用口座の開設だけでも準備をしておこう!

先輩
もしくは日経平均インバースなどの指数売買から始めてみるのもいいだろう。

雑談コーナー

先輩
2年ぐらい前だったかな、ある人がラオックスをめちゃくちゃ空売りしててさ、見せてもらったらそれがとんでもない含み益でな、あれには笑っちまったよ。

たかし
ラオックス…あ、たしかに2015年の8月から凄まじい下落ですね。

先輩
そいつもかなり長期間空売り玉をホールドしてたみたいだけどさ、よくできるよなーと思ったよ。
やっぱり凄腕トレーダーは普通じゃねーなと思った瞬間だったな。

たかし
僕から見れば先輩も普通ではないですけどね。

先輩
オレはふつーだろ!
庶民的な生活だし、服だっていつもカジュアルだぜ。

たかし
いや、家の中でそんなフードかぶる人とかいないですって…

-株初心者向け

Copyright© 先輩トレーダーから学ぶ株の勝ち方 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.