チャート分析

急騰中に大きな陰線で下落した時の考え方

更新日:

先輩
注目銘柄4選で紹介したBBタワーが急騰したな。

たかし
やりましたね!
3日間でとんでもなく上がりました。

先輩
まあ4つ紹介したうち、これしか大して上がってないんだけどなw
そんなBBタワーだが、今日11月29日の後場に急落している。
今日はその動きについて解説をしていきたいと思う。

たかし
一瞬で暴落していましたが、明日はどうなるんでしょうか?

ブロードバンドタワーの日足チャートを分析する

先輩
まずはBBタワーの日足チャートを見てみよう。

たかし
けっこうきれいなN字チャートになりましたね。

先輩
決算通過で大きく窓を空けて上昇したので、こういう形になることはイメージしやすいチャートではあるな。

たかし
今はエリオット波動の第3波の途中なんですかね?

先輩
うむ、そもそもこのところの上昇をどう考えるかだな。
単純に推進波の1,2,3波と考えるのか
もっと大きな波の中のa、b、cの修正波なのか
今もっとも考えなければいけないことは、ここから下がるとしたら怖いところだ、ということ。

たかし
a、b、cの修正波だとすれば、今日の急落は新たな下落の波かもしれないわけですね。

先輩
その答えはもう少し見ていかないとわからないことだが、大事な事はその2つのシナリオの分岐点である、という認識を持つことなんだ。

たかし
そうですね、しかし展開が早い動きですよね。

先輩
そうだな。
最初の上昇も決算発表から4日間で天井をつけ
次の下落も3日間で底をつけた。
となればその次の上昇も3日間の急騰で天井をつけたとしても何ら不思議ではない。

たかし
たしかに、そう考えると今日天井をつけて急落してきた理由もわかりますね。

先輩
もちろん決めつけるのではなく、まだ上昇の波が続いている可能性も当然ある。
エリオット波動の各波の講義でも話したが、第3波は通常は最も長く、強い波動とされている。
では、現在の2つの上昇波の長さ、値幅はどうなっているだろうか?

たかし
えーと、最初の波が93円の上昇
次の波が今のところ85円の上昇ですね。

先輩
うむ、そう考えると今のところは推進波の1,2,3波という見方はまだできそうもない、ということになる。
とはいえ、値上がり率で言えば39%も上昇しているんだから、もう十分なような気もするけどな。

たかし
んー、まだ買っていってもいいんでしょうか?

遅れてエントリーをしていくリスクとリターン

先輩
まだ買うべきかどうか、それは今から取れるリターン今から被るかもしれないリスクを考える必要があるだろう。

たかし
んー難しいですね、上も下もこの位置からだとそれなりに大きそうです。
先輩
そうなんだよな。
上のチャートのようなイメージをこの段階で持ってほしいと思う。
もちろんこの通りの動きになるかはわからないが、現時点ではこういうイメージで戦うしか材料がないからな。

たかし
トレンドラインとチャネルラインですね。
この間で価格が動くと考えれば、今の位置はちょうど中間ぐらいでしょうか。

先輩
30円ぐらい上にも下にも行っておかしくない位置と言えるだろうな。
取れそうなリターンも被りそうなリスクも同じぐらいだ。
で、勝てる確率が高いのか低いのかもわからない。
果たしてここでエントリーする優位性はあるだろうか?

たかし
んーそう言われると、ギャンブルに近いような気がしてきました。

初動でエントリーできるかどうか

先輩
そもそも1番おいしいところ、つまり狙うべき動きは上昇波の初動なんだ。
そのポイントを逃してしまった時点で、後からエントリーしていく優位性はだいぶ弱い。

たかし
そうですね、下から持ってる人はどこで利確するか迷う動きでしょうけど、やはり今からエントリーはリスクが高いですよね。

先輩
あんまり他人のトレードについて言いたくはないんだが、ツイッターで今日の大陰線でエントリーした、っていう数人の書き込みを見て気になったんだよな。
初心者はどうしても逆張りが好きで、大きな値動きに反応してしまうんだ。
ここから買う優位性について、よく考えてほしいと思う。

たかし
気を付けます…w
先輩
普通に考えれば、この白い円で囲った部分でかなりの買い方が捕まっているよね。

たかし
損切りできずに、って人もけっこう多いかもしれませんね。

先輩
ということは、少し上がってきても捕まってる人達の戻り売りが出てきて上がりにくいと考えられる。
なのに、この急落で買ってる人達は一体どこで利確するプランで買っているのか、ということだ。

たかし
戻り売りが出そうなところの手前、とかじゃないですかね?

先輩
だとしたら、10何円かのリターンを得るために、30円のリスクを背負うことになるんだよな。
それだとリスクリワードはマイナスになる。
というか、そんなトレードを繰り返しているからいつまでも勝てないんだ、ということに気づかなければならない。

たかし
そうですね、中途半端にそういうトレードで勝つと、クセがついてしまうんですよね。

先輩
そこがトレードの難しいところなんだよな。
今日の下落で買った人も、明日ふつうに反発して勝てちゃったら、またそういうトレードを繰り返しちゃうものだ。

たかし
トレードの結果よりも大切な事の講義を思い出しました!
初心者のうちは結果よりも内容が重要ですね。

急騰中に下落した時の考え方まとめ

先輩
BBタワーを例に、高値から急落した時の考え方について話してきた。
波動の終着点のイメージを持ち、その急落した位置からエントリーする優位性をよく考えること。
そして、最も重要なのは、本当にエントリーすべきところはもっと前なんだということ。

たかし
第3波の初動ですね!

-チャート分析

Copyright© 先輩トレーダーから学ぶ株の勝ち方 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.