チャート分析

3月1週の日経平均、NYダウを分析する

投稿日:

先輩
先週は毎日安値を更新していく動きが続いたが、今週は上昇も下降もあり、乱高下するような動きだったな。
しかしながら、週末にかけて日経平均はさらに安値を更新する下落があり、印象としては弱い引け方をしている。

たかし
月曜日は大きめの陽線が出て、ようやくリバウンドかと思ったのですが、火曜日の寄り付きを天井に弱い動きが続いていますね。

コロナウィルスによる経済的損失と政府機関の対応策

先輩
慌ただしい動きが続くねー

たかし
今週は上昇する材料もいくつか出てきたのですが、やはり下落の勢いが強いのか、全て打ち消されてしまいましたね。

先輩
政府や日銀の対応で一気にリバウンドを見せたり、かと思いきや今度はさらに悪材料が出て一気に下落したり…
このような展開が来週も続くのかもなー。
とにかくボラティリティが大きい上にスピーディーな動きとなっているので、エントリーチャンスも僅かなタイミングといった感じだ。

たかし
今の相場は売りでも買いでも、中途半端なところでエントリーすると簡単にやられてしまいますね。

先輩
うむ、今週は毎日のように相場を動かすニュースがあったので、少し整理をしておこう。
月曜日にはまず、日銀による緊急談話があった。

日銀総裁「潤沢な資金供給に努める」 異例の談話

たかし
この発言を受けて月曜日は強いリバウンドが見られましたね。
今後も追加政策の発表などがどこかであるんでしょうね。

先輩
月曜日のリバウンドは長く続かず、翌日の火曜日にはすぐ値を戻す下落が見られた。
そして、火曜日の夜はFRBによる緊急利下げが発表された。

FOMCが0.5ポイント緊急利下げ、新型コロナの景気リスク警戒
たかし
通常、利下げが行われれば株価は上昇するものですが、今回は下がってしまいましたね。

先輩
発表直後は上昇の動きが見られたが、その後は下落する動きとなったな。
利下げに対する反応がポジティブかネガティブかは、その時の環境による影響が大きいということだろうな。

たかし
利下げしても効果が期待できない、ということでしょうか?

先輩
利下げすれば大丈夫、と思われれば上昇する。
しかし利下げするほどヤバい状況なのか、というサプライズ感が出ちゃうとやっぱり下落するんじゃないだろうか。

たかし
今回は後者ということですかね。

先輩
緊急利下げが円高、ドル安の動きにさらに拍車をかけ、今週のドル円相場はひどい下落となっている。

【NY外為】ドル下落、週間で2018年来の大幅安-対円一時105円割れ
たかし
株価もひどいことになっていますが、ドル円相場はもっとひどいことになっていますね。

先輩
これはちょっと、かなり大きい動きにつながっていくんじゃないかな。
当然どこかでリバウンドはあるんだろうけど、その後は100円割れという水準までは最低でもいくんじゃないかな。

たかし
112円から、105円割れまで下落していますからね。
しかも来週もまだどうなるかわからない状況ですし、これは日経平均にも重くのしかかってきそうです。

先輩
そうだな、NYダウが上昇しても日経平均はそれほど追随できない状況にまたなっていくかもしれないな。
日経平均、NYダウ、ドル円の3つの相関性がまた変わってきそうなので、それぞれの動きに注目していきたいね。

たかし
NYダウの方は今週に関しては、日経平均よりも強いですもんね。

先輩
スーパーチューズデーでは中道派のバイデン氏が躍進し、水曜日のNYダウは強く上昇した。

米民主候補争い、サンダース氏巻き返し困難か バイデン氏躍進で
たかし
サンダース氏では相当リスクが高いと思われているんですね。
せっかくバイデン氏躍進で株価は上昇したのに、週末にかけてまた下落してしまいましたね。

先輩
うむ、どうやらニューヨークでコロナウィルスの感染者が急増しているみたいだな。
ニューヨーク州の知事は非常事態宣言を発表している。

新型コロナ、NY州が非常事態宣言-イタリアもミラノなど封鎖へ
たかし
ニューヨークの感染者は7日に急増して89人とされていますが、多くの人が検査していないということで、今後どの程度広がっていくのか気になるところですね。

日経平均は底値を探る弱い形が継続か

先輩
今週の日経平均は長い上髭の陰線、ということで週足で見ても非常に弱い形となっている。
先週の分析では、日経平均はいくつかの節目が重なっていて、反発が起きてもおかしくない水準まで下がったと話してきた。

たかし
今週はたしかに安値20834円から高値21719円までのおよそ900円のリバウンドがありましたね。

先輩
この900円のリバウンドをどう考えるか、ということがポイントになりそうだ。
エリオット波動のカウントとしては、今週のリバウンドを第4波と見る事もできそうだし、そうではないかもしれない。


たかし
勢いよく下がりすぎたので、かえって見方が難しくなっていますねー。

先輩
まあ個人的にはショートの深追いをするところではないと思っている。
来週も第5波による急落があるかもしれないが、それはそれで来たらしょうがないと考えることも大事だ。
もうすでに1番おいしい部分の値幅は出たと思うし、第5波を深追いするのもそれなりにリスキーだからな。

たかし
来週はメジャーSQの週となりますし、仕掛けによる大きな上昇があっても不思議じゃないですからね。

先輩
それをむしろ待ち構えるようなイメージで相場を
見ていきたいね。
今はしっかりとリバウンドを待ち、そのリバウンドの形が出来上がったところを叩く。
今週の月曜日~火曜日の先物もそうだったが、これがもっとも勝てるだろうと思う。

たかし
取れるところだけ取る、ですね。

先輩
ちなみに、安倍首相は第2弾の緊急対応策を10日に発表すると見られている。
ここで相場がどれだけ動くのかはわからないが、この辺りの反応をひとまず見ておきたいね。

安倍首相、企業の資金繰り「強力に支援」-10日に緊急対策第2弾
たかし
サプライズな内容じゃないと、なかなか大きいリバウンドにつながらない気はしますが、どうなるでしょうか。

NYダウはやや底入れ感も、コロナウィルスの拡大が懸念される?

先輩
NYダウは今週の週足は長い上髭の陽線。
決して強い形ではないが、陽線で終わったのはある程度期待は持てるのかもしれない。

たかし
先週の分析では先週末のローソク足が反発の形、と言っていましたが、一応はそのような動きとなりましたね。


先輩
2月27日、28日、3月2日の3日間で明けの明星のような反転パターンを形成したね。
これによってN字に来週は上昇するイメージも持てる。
ただ、やっぱりニューヨークでコロナウィルスが拡大しているニュースは気にはなるかな。

たかし
たしかに、これから拡大していく段階となれば、人々が一番パニックに陥る段階なのかもしれませんね。

先輩
グランド・プリンセスというクルーズ船での集団感染のニュースも気になるところだし、来週も続落するイメージは持っておきたいね。

たかし
そうなると、2月28日の安値24681ドルは非常に意識される価格となってきそうですね。

先輩
先週の高値安値を超える動きがあるのか、もしくは高値安値を超えられない保ち合い相場となるのか。

今週の相場分析まとめ

先輩
今週も基本的には戻りをショートしていれば勝てるような動きだった。
だが、いつまでもそれが通用するわけではないだろう。
来週はメジャーSQが控えており、大きな戻しがあることもイメージしておいた方が良さそうだ。

たかし
今週もお疲れ様でした。

-チャート分析

Copyright© 先輩トレーダーから学ぶ株の勝ち方 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.