チャート分析

3月3週の日経平均、NYダウを分析する

投稿日:

先輩
今週は、先週の下落から週初めはリバウンドをし、そこから上下しながらも保ち合いの状況となっている。

たかし
下降トレンド入りかと思われましたが、やはりそう簡単には下がらない相場となっているようです。

日経平均は保ち合いだがボラティリティが高まりそう

先輩
今週は思った以上に強いリバウンドになったなー。
やっぱり個人の売りポジションが溜まってると、そうすんなりと下がる相場にはなりにくいか。

たかし
ダブルインバースは過去最高レベルに積みあがっているという話でしたね。

先輩
徐々に減りつつはあるみたいだが、このポジションがある程度解消されないとダラダラした動きが続きそうなイメージは持てるね。

たかし
この売りポジションを踏みあげるような動きが入ってくるのも当然、ということになりますね。

先輩
今週は保ち合い相場ながらも、日中は200円程度上下に振ってくるような動きが多かったね。
踏みあげとふるい落とし、アルゴが暴れているような動きが何回も見られた。

たかし
5分足レベルではけっこう急な動きですよね。

先輩
段々とボラティリティが高まる動きになっていきそうだな。
大人達の手口を見てみても、ゴールドマンサックスなんかは強気の売り方だが、ソシエテは連日先物を大きく買い越している。

たかし
まだまだ上にも下にも動いてくるというイメージを持っておいた方が良さそうですね。

先輩
先週の相場分析でも話したが、一旦押してから再度高値を更新していくようなシナリオも、十分まだ考慮しておくべき段階だろう。

NYダウは強いリバウンドの動き

先輩
ダウも今週は強い動きになったな。
特にNASDAQに関しては、高値を更新するというめちゃくちゃ強い動きとなっている。

たかし
NASDAQはハイテク産業を中心とした新興市場ですね。
このチャートを見ると、まだまだ上に行くようにしか見えませんねw

先輩
目立つ抵抗帯はすべて上に抜けてきたからなあ、来週も上昇が続くなら、次は最高値付近が目標になりそうではあるが…
まあもう少し見ておきたいところだな。

たかし
NASDAQが強いということは、ダウや日経もまだまだ上昇していくのかもしれませんね。

防衛関連株に資金が集まる

先輩
今週の相場分析はあまり語るネタもないので、大きく上昇をしている防衛関連株でも見ていこうかと思う。

たかし
2月末に米朝首脳会談がありましたが、交渉は決裂しました。
その後、3月に入ってからミサイル発射場に復旧の動きが見られたり、アメリカとの非核化交渉の中断報道がありました。

北朝鮮、対米協議中止の可能性 核実験凍結再考も
先輩
今のところ、ほとんどが報道ベースの話だけど、近々委員長自ら発表があるだろうとされているね。
すでに石川製作所や細谷火工といった防衛関連株には資金が入っており、来週も注目すべき動きとなるだろう。

たかし
ものすごくここから上昇していくようなチャートに見えますね。

先輩
ここから第3波の開始なら、かなり上昇が見込めそうだし、a、b、cのc波だとしてもまだまだ上値はありそうだ。
ま、この銘柄が上がるということは日本にとっては不利益なわけだけど。

たかし
委員長本人の発言が出てからが本番って感じでしょうかね。
先輩
週足チャートを見てみると、長らく上値を抑えつけられていたトレンドラインを、大きく超えてきている。
まさに初動といった形だが、どうなるだろうか。

たかし
好ましくない事でしょうが、また4435円といった高値まで上昇する可能性もありますよね。

先輩
石川製作所と細谷火工はほとんど似たようなチャートとなっているので、次は東京計器を見てみよう。

たかし
逆三尊のようなチャートパターンの形に見えますね。

先輩
石川製作所や細谷火工ほど派手に動いているわけではないが、大底の826円から1192円まで、ほとんど大きな押しもなく上昇してきた動きは強いと言える。

たかし
まだまだ出来高も少ない上昇ですから、本格上昇という段階ではなさそうです。

先輩
週足チャートを見てみると、こちらもようやく上値抵抗線のトレンドラインを超えてきたようなところ。
まだ初動とも言えないような段階だろうな。

たかし
今後の動きに注目していきましょう。

先輩
しかし、相場が高い位置にありながら防衛関連株が上昇する、というのも変な光景だな。

たかし
北朝鮮関連のニュースは、それなりに大きな下落や押しになるのですが、これまでのところ今回はほとんど相場に影響はありませんね。

先輩
ドル円ですら大して影響はなかったからなー
しかし防衛関連株だけは急騰していく。
とても違和感があるね。

今週の相場分析まとめ

先輩
今週のリバウンドによって、また方向感が見えにくい展開となってしまった。
再度大きく下に抜ける展開を見据えつつも、相場が崩れないならば個別株の買いを狙っていきたいと思う。

たかし
今週もお疲れ様でした。

-チャート分析

Copyright© 先輩トレーダーから学ぶ株の勝ち方 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.