チャート分析

5月2週の日経平均を分析する

投稿日:

先輩
みんな、生きてるか?

たかし
いやー、久々にきつい下げがきましたね。

先輩
大型連休明けからガンガン下がり続ける相場となってしまったな。

たかし
米中の貿易問題ですが、10日に関税は引き上げられる結果になりましたね。
その結果によって一旦は落ち着くような展開になるのでしょうか?

日経平均は1000円超の下げ幅

先輩
まず、連休前の相場分析では、連休明けはさらに上昇しそう、という予想を思いっきり外してしまったことを申し訳なく思っている。

たかし
でも、エリオット波動での第5波にいる可能性が高いという話でしたからね。
つまり天井は近い、という認識の人も多かったのではないでしょうか。

先輩
だといいんだがなー。
さて、これまでの下落幅は1000円を超えており、また変化率で見ても今年でもっとも規模が大きいものになっている。
このことから、これまでの押しとは違う規模の下落、つまり新しい波の下落と見るべきだろうと思う。

たかし
年始からずっと続いていた上昇は、これで一旦終わったとみるべきだということですね。

先輩
そうだな、ダブルインバースが積み上がってたから一気には下がらないと思ってたんがなー
そういう先入観は持つべきじゃないということか。

たかし
そうですねー、踏みあげられ続けていた人達もけっこう助かったみたいですね。

先輩
膨れ上がり続ける含み損をひたすら耐え続け、命からがらようやく同値撤退できたって感じか。
非常によくないトレードだね。
助かったこと自体は良かったんだろうけど、今回助かったことで今後ますます損切りができないという悪癖が強まるだけだ。

たかし
損切りは機械的に行わないとですね。

相場反転の正体は?

先輩
連休前は22350円~22100円あたりを往復していたので、このレンジの動きがもう少し続くか、上に抜けてくるのかと思っていた。

たかし
結果としては寄り付きから22100円の下値ラインを割ってくる動きになりました。

先輩
そういう意味では、天井のイメージができている人にとってはわかりやすいチャートになったかと思う。
これは先ほどの日経平均先物の60分足チャート、第5波の天井部分のものだ。

たかし
なるほど、逆ヘッドアンドショルダ―のチャートパターンですね。
ネックラインを朝一で割ったことにより、ここで最大の警戒をしなければいけないわけですね。

先輩
頭部分と右肩部分の間にもう1回上にきているのが余計で、少しわかりにくかったけどな。
これがフラットの修正波なのかどうか、というところが悩まされたね。

たかし
ネックライン割れから先物をショートしている人はかなり勝てたでしょうね。

先輩
うむ、上手い人は今回の下落でかなりの利益を上げているようだね。

たかし
やはりSQ週でしたし、派手な動きになりましたね。

先輩
そうそう、オプション考察をしている人はみんな気付いていたと思うが、連休前と連休明けのオプションの雰囲気は大きく変わっていたね。

たかし
連休前は買い手口、売り手口に大きく分かれていたみたいですね。

先輩
ところが連休明けにABNアムロとソシエテはドテン売りを行っていたんだ。

たかし
アムロ、ソシエテ連合が売りにまわればきついですね。

先輩
気づけば明確な買い方は野村、UBS、ゴールドマンサックスぐらいになっていたわけだ。

たかし
ゴールドマンサックスは最近はダメみたいですね。

先輩
なんだか逆指標になりつつあるなー。
実体はわからないが、先月もかなりの損失を出したんじゃないかな。

たかし
んーやはりアムロの動きを重要視すべきなのでしょうかね。

今後の日経平均の展望

先輩
週末は一旦リバウンドの形を見せて引けてはいるが、基本的には下降トレンドの戦い方を意識して立ち回る方がいいだろう。

たかし
戻りを売り、買いは短期リバウンド狙いですね。

先輩
年始からずっと言っているかもしれないが、メインシナリオのイメージ的には次のように、長期的に昨年末の安値を割っていく可能性も高いのではと考えている。

たかし
下降トレンドとは言え、大きく戻す場面もあるでしょうから、うまく立ち回りたいですね。

先輩
まあある程度のところまで下げて、そこからまた最高値を目指す、なんてシナリオもあり得るとは思っているんだけど、それはまた別の機会にでも話すとしよう。

たかし
米中の貿易摩擦はしばらく話題が尽きないでしょうね。

先輩
さっそく中国の経済指標が来週あるけど、今後は中国の経済の動きも影響されるかもしれないな。
さらに今度は日米の関税の問題も出てくるだろうし、北朝鮮はミサイル飛ばしているし…
一方で消費税は増税延期や、減税なんて話も飛び出しているし。

たかし
上にも下にも、動かすネタは豊富ですね。

今週の相場分析まとめ

先輩
今週は大きな転換点になったことは間違いないだろう。
特にアメリカ市場は、年始からの上昇に対する大きな押しがようやく来たのではないかと見ている。
ボラティリティの高い相場が続くことが予想されるので、資金管理を徹底しながらもうまく波に乗っていくようにしたいところだな。

たかし
今週もお疲れ様でした。

-チャート分析

Copyright© 先輩トレーダーから学ぶ株の勝ち方 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.