チャート分析

NYダウ史上最大の上げ幅!?日経平均も激リバ!?

投稿日:

先輩
NYダウが史上最大の上げ幅を記録!!
ってね、ニュースの見出しだけ見るとすごい相場が強いような印象を受けるよな。

たかし
実際は下げすぎたからこその上昇だし、まだ全く安心できる状況ではありませんよね。

先輩
本日12月27日の日経平均も、ダウの上昇を受けて、前日比+750円の大幅高となった。
安心しているトレーダーも多いみたいだが、この急反発をどのように考えるべきなのか、冷静に分析していく必要があるだろう。

たかし
底入れとなればいいのですが、どうなんでしょうか?

日経平均チャートの現状

先輩
さて、これまでもエリオット波動の観点から、日経平均チャートは分析しているが、現在までの見方は第3波の進行中であると考えている。

たかし
この場合は、第4波でリバウンドし、さらに第5波でまた下降していくことになりますね。

先輩
そうだな、ある意味最悪のケースと言えるが、現状はこのシナリオがもっとも現実味があるかなと思っている。

たかし
その根拠はなんでしょうか?

先輩
うむ、それはこれまで発生してきた波の特徴が、いかにも下降の推進波の動きをしているからだ。

たかし
エリオット波動の各波の講義で習った内容ですね。

先輩
まず、第1波は安値をいくつもぶち抜いて下落していった。
中でも、もっとも注目されていた安値21462円を抜いて、目線を下に切り替えた動きとなったわけだ。
これは推進波の第1波の特徴をよく表していると思われる。

たかし
なるほど、他の波はどうでしょう?

先輩
うむ、第2波も教科書通りの3波構成になっているし、あと第3波の特徴もしっかり出ている感じはあるな。

たかし
第3波は通常もっとも強く、最短にはならないんでしたね。

先輩
第1波の値幅は3477円
そして第3波はこれまでのところ、すでに3750円の値幅となっている。

たかし
第1波よりすでに強いことが確定していますから、たしかに推進波っぽいですね。

先輩
ということはだよ、この後けっこう強めのリバウンドの第4波が起こり、その後第5波さらに安値を目指していくような動きが起こる、というシナリオを立てることができるだろ。

たかし
これは絶対に想定しておきたいシナリオですね。

底打ちというシナリオ

先輩
複数のシナリオを考える重要性の講義でも説明してきたことだが、チャートというのは絶対にシナリオを複数持ったうえで見ていくこと。

たかし
日経平均やNYダウが底打ちした、というシナリオも持つべきなんですね?
先輩
オレの中ではサブシナリオとなるが、先ほどの日経平均の見方が推進波ではなく、abcの修正波だった場合も考えてみよう。
その場合は現在c波が進行中となり、c波のあとは上昇の第1波の可能性もある。

たかし
第1波が発生した場合は、戻り高値の22698円を目標に上がってくるわけですね。

先輩
うむ、修正波は連続して発生することもよくあるので、第1波ではなく、また新たなabcが発生して、うだうだした動きになる可能性もあるけどな。

たかし
なるほど、今現在の波が推進波か修正波か、2つのシナリオを持つべきだと。

日経平均+750円の大幅高は何の動きか

先輩
それでは、複数のシナリオを考えたうえで、今日の大幅高がどういう意味を持った動きなのか、ということを考えていこう。

たかし
んー今現在が推進波の3波だとすれば、第4波の戻しが始まった??

先輩
それも1つだろうな。
だが、まだ第3波の中のちょっとした戻りだという可能性もある。

たかし
けっこう大きく戻しましたが、ちょっとした戻しなのでしょうか?
先輩
第1波の中でも698円の戻しがあり、第3波の中でも先日809円戻しているな。
こういう波を副次波というが、その可能性は捨てきれないところだな。
ま、ちょっと今日の戻しの規模は、2つに比べて大きいから怪しいところではあるが。

たかし
第3波がまだ続いているか、第4波にすでに入ったか、どちらかですね。

現在c波進行中の場合

先輩
現在の下落がc波だとすれば、どういうシナリオが考えられる?

たかし
えーと、第1波の上昇が始まっているか、新しいa波の上昇が始まっているか。

先輩
うむ、あと1つはc波がまだ続いていて、c波の中の単なる戻しだというシナリオもあるな。
先輩
第3波でもc波でも、この1本の波の中は5波に構成されるのが基本なんだ。
そういう意味では、今日の戻しからさらに下落していくというシナリオも考えておかなければならない。

たかし
ふむふむ、5コのシナリオ、しっかりイメージしておきましょう。

先輩
では、まとめておこう。
今回のリバウンドで考えられるシナリオは

①現在第3波で、第4波の戻しが起きている
②現在第3波で、第3波の中の単なる戻し
③現在c波で、第1波の上昇が起きている
④現在c波で、新たなa波の上昇が起きている
⑤現在c波で、c波の中の単なる戻し

急激なリバウンドが取れなかったら

先輩
今日のように大幅にギャップアップするような値動きとなると、ほとんど持ち越している人間にしか恩恵は無いと言ってもいいだろう。

たかし
そうですね、結局大きく下がったところで買えていた人が正解だったんですね。

先輩
ま、そういう風にどうしても考えがちにはなるが、それは違う。
なぜなら、現状の動きは先ほどザっと挙げただけでも5つあるんだ。
その中で買い向かうということは、やはりリスクも大きいことを考えなければならない。

たかし
たしかに、さらに下落して大きな損失になっていた可能性もありますね。

先輩
1万8000円台に突っ込み、多くの人はさすがにリバウンドするだろー、と値ごろ感で買ったかもしれないが、それは再現性の無いトレードであり、トレードの上達にはつながらない。

たかし
値ごろ感だけでは、運任せみたいなトレードになってしまいますよね。

先輩
ま、明確な根拠を見出して買い向かってる一部の凄腕トレーダーもいたが、そうでなければ買わないという選択肢は正しいと言える。
だから、このリバウンドに乗れなかったことを悔やむ必要なんかまったく無いんだよ。

たかし
取れるところをしっかり狙って取る、これが大事ですもんね。

-チャート分析

Copyright© 先輩トレーダーから学ぶ株の勝ち方 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.