テクニカル分析

祝 日経平均新高値

更新日:

先輩
日経平均がついに新高値を更新したな!

たかし
バブル期以来、26年10か月ぶりの高値みたいですね!

先輩
しかしあれだな、周りの株やってない人間からはめちゃくちゃ儲かってるように思われてるのがなあ…いたっていつも通りなんだがな。

たかし
僕も日経バブルの割に自分の持ち株は全然上がっておりません。

先輩
まあやっぱり個人は新興市場が上がってこないとなかなかガッツリ稼げないもんだよな。

たかし
マザーズはこれからどういう動きになっていくのでしょうか?

先輩
さあな、当てることなどは誰にもできない。
だが、今現在どういう状況なのか、というのは常にチェックを怠るなよ。

たかし
わかりました!改めて見てみます。

日経平均の現在は?

先輩
まあまずは日経平均から確認してみろ。週足チャートを出すぞ。

たかし
こうやって見るとけっこうきれいにブレイクしてますねー

先輩
そうだな。きっちり23000円のレジスタンスラインを大きなエネルギーを持ってブレイクしていった。ブレイクアウトのエントリーをした人はけっこう楽に稼いだかもしれないな。

たかし
僕はただ見ているだけでした…

先輩
結局はアセンディングトライアングルのような形で保ち合いを上にブレイクした、というほとんど教科書通りの動きとなったわけだ。

たかし
日経平均のようなものでもこんなに教科書通りの動きになるとは、勉強になりました。

先輩
日経平均だからこそ、とも言えるがな。
教科書通りの動きってのは個別株でも大型株でも、探せばけっこうあるもんだ。
しかもあらゆる時間軸でな。
だからこそ、しっかり教科書通りのセオリーってもんを勉強しておく必要があるんだ。

たかし
そうですね。どうしてもダマしとか裏を考えてしまいがちですけど、まずは簡単に取れるところを取っていかなきゃですよね。

先輩
そう、まずは教科書通りの場所だけ狙う、他は全部スルーする、ぐらいでも全然いいんだよ。

たかし
わかりました。ところで、7月5日に21462円まで日経平均は下落してましたけど、あの時はさらに下がると思いませんでしたか?僕はかなりビビッてたんですけど…

先輩
まあ確証はなかったけどな、それでも長期のトレンドは上だし、日経平均PERが12倍台に突っ込んだからな、押し目かなとは思ったな。

たかし
なるほど、日経平均PERを見てたんですね!

先輩
日経平均PERは12倍台まで突っ込むと割安と判断されて買われやすくなるんだ。
ただし、あくまでも統計的な話であって、実体経済が本当に悪化した時は当てにならんだろうがな。

たかし
世界恐慌がもしきたら、割安だったPERももはや割高に変わってるかもしれませんよね…

日経平均の今後をテクニカルで見る

たかし
日経平均はこれからどこまで伸びるんでしょうか?

先輩
さっきも言ったが、それは誰にもわからない。
けど、テクニカル的に見て目星をつけることはできるだろう。

たかし
どこを見ればいいんでしょうか?

先輩
1つはエリオット波動の値幅、もう1つはチャートパターンの値幅だ。
もう1回日経平均の週足チャートを出すぞ。
先輩
まず、2018年1月につけた高値24129円、ここまでの1波と同じ規模の波が来るだろう、と考えるんだ。

たかし
えーと、前回の波の値幅は24129-19239で4890円ですね!
20347円から4890円上がると考えると、25237円ですね!

先輩
波が等倍の大きさになるとは当然限らないが、テクニカルの基本としては、等倍をまず基準として考え、目星をつけるんだ。

たかし
もう1つのチャートパターンの値幅というのは、トライアングルの上下幅を見ればいいんですか?

先輩
そうだ、ペナントやフラッグでもそうだが、レンジブレイクしたらレンジの値幅分だけ価格が伸びていく、とまず考えるといいぞ。

たかし
なるほど、このトライアングルの上が23000円で、下が21462円だから、23000-21462で1538円ですね!
では23000+1538の24538円まで伸びそう、と考えればいいんですね!

先輩
そういうことだ。2つの目星の差が700円も出ちゃったな。これがもっと価格が近ければより信憑性が増すんだけどな…
まあそんなもんだ!当てものなんか相場でするもんじゃないぜ。

たかし
でも利確の目安とかにも使えそうですね。とても勉強になりました!

マザーズ指数の現在は?

たかし
マザーズ指数はどうなんでしょうか?なかなか強い相場がきませんね…

先輩
まずはマザーズ指数の日足チャートから見ていこう。
先輩
7月26日の戻り高値1067ポイントをようやく上抜いてきて、下げトレンドが終わったところだな。

たかし
上昇トレンドに転換して、これからガンガン上がっていけばいいですね!

先輩
まあそれを願いたいんだけどな、週足チャートを見るとそうも思えないところなんだよな。
先輩
週足チャートだと戻り高値の判定がかなりビミョーだろ?

たかし
そうですね、戻りが無くて一直線に落ちていったとも言えるような値動きです…

先輩
こうなるとなかなか判断が難しいんだよな。1000ポイントさえ割っていなければ、トレンド継続となったのになあ…

たかし
マザーズを買っていくのはやはり危険なんでしょうか?

先輩
まあ危険は危険だろう、いくら日足がいい感じのチャートになってるからといっても、週足チャートには逆行したエントリーになるわけだからな。
ただ、2018年1月24日の高値1367ポイントから2018年8月16日の932ポイントまで、かなりの下落幅があったからな、そのリバウンドはそれなりにあるだろうとは思ってるさ。
そしてそれが今なんだろう。

たかし
なるほど、でもこのチャートからだと戻り値の目途がたてにくいですね…

先輩
はっきりとした目標物が無い時は何を参考にするんだったかな?

たかし
あ!フィボナッチですね!

先輩
そうだ、どこまで当てになるかわからんけどな、何にも基準を持たないよりかは何か1つでも持っておいた方がいいぞ。

たかし
高値1367-安値932=435ポイント

先輩
435の61.8%、50%、38.2%の戻りをそれぞれ計算しておくといいだろう。

たかし
268、217、166
それぞれの戻りに安値932を足すと…
1200、1149、1098ですね!

先輩
1200ポイントか、ちょうど水平ラインが機能しそうなところだよな、なかなか理にかなった戻しに思えるけどな。
まあどうなるかはわからんが、仮に1200まで戻せばけっこういい感じになるかもな。61.8%戻せばその後はレンジに移行する確率が高く、強い相場になりやすいからな。

たかし
どこまで戻せるのか楽しみですね。とりあえずはまだまだ買い目線でチャンスを狙っていくことにします!

-テクニカル分析

Copyright© 先輩トレーダーから学ぶ株の勝ち方 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.