チャート分析

11月2週の日経平均、マザーズ指数、NYダウをチャート分析する

更新日:

先輩
今週もお疲れ様。
今週は先週のリバウンドの流れを継続した形になったな。
特にNYダウとマザーズ指数のリバウンドは強く、これでかなり安心感も出てきた感じになったんじゃないかな。

たかし
アメリカの中間選挙もありましたね。
大きなイベントでしたが、織り込み済みのような動きになって無事通過ってところでしょうか。

今週の日経平均を振り返る

先輩
今週は高値22583円までいったな。
これは高値24448円から安値20971円までの3477円の下落に対し、46.3%の戻しとなった。

たかし
50%の戻しまでもう少しってところですね。

先輩
50%の戻しは22709円ということになるが、これは75日移動平均線とちょうどぶつかるところでもあるので、少しレジスタンスになりやすいのかなと考えられる。
まあそういう抵抗帯を難なく突破して、戻り高値の22959円まで上がってほしいところだな。

たかし
上がっていく材料はあるんでしょうか?

日経平均PERと売買代金

先輩
今現在、各企業の決算ラッシュの最中だが、これまでの決算はおおむね順調と言えるだろう。
上の日経平均EPSの推移を見ればわかると思うが、決算発表を受けて上昇している。
その結果として日経平均PERはいまだ12.5倍程度の水準なので、決算が出そろえばいよいよ買いが入ってくるのではないだろうかと期待はできる。

たかし
そうですね、リスクオフの流れが止まってくればやはりPER13倍ぐらいにはなりそうですよね。

先輩
PER13.0倍で大体23000円の計算になるな。
そうなるとさっき言った戻り高値をちょうど抜けてきたところで、非常に納まりがいいという感じになる。
また、ドル円もそれなりに下げはしたが、大きな流れでは上昇トレンドを維持している状態だ。

たかし
ファンダメンタルズ的には期待ができそうで、テクニカル的にはまだ安心できないって感じでしょうか。

先輩
そうだな。テクニカル的にはまだまだ戻しが足りない状態だし、あとは売買代金が少し気がかりだな。
先週の日経平均の分析では年金買いが入り売買代金が増加し、また包み大陽線の発生で相場の転換サインだという話をした。
しかし今週は株価は上昇したものの、売買代金はまた少なくなってしまったんだ。

たかし
本当ですね。逆にマザーズの方は売買代金が増えて株価も上がったんですね。
出来高の講義で、出来高を伴わない上昇は怪しいという事を学びましたね。
日経平均は少し心配な売買代金です。

今週のマザーズ指数を振り返る

先輩
マザーズ指数の方はとにかく強い動きとなったな。
当面戻り高値の1002ポイントが目標だと説明はしてきたが、もう11月9日に超えてきてしまった。
そしてこのリバウンドは最高値から最安値の69.8%の戻しとなっている。

たかし
69.8%ですか、これはもはやリバウンドと言えるのでしょうか。

先輩
そういう考え方もできるな。
この一連の上昇がエリオット波動の第1波に相当し、ここから上昇トレンドを形成していく、というシナリオも十分考えられる強さだ。
しかし何というか、この間の下落で退場したり大損した人たちにとってはつらい結果になってしまったな…

たかし
そうですね…持っていればほとんど戻ってきているわけですからね…

先輩
信用評価損益率の講義でも話したが、マザーズはMAXで-30%の信用評価損益率となったからな。
大損した人、大儲けした人、極端に分かれたんだろうなと思わされるチャートになったわけだ。

たかし
資金管理がもっとも重要であるという言葉が身に染みて実感できますね。

マザーズ指数は目標達成?

先輩
そうそう、マザーズ指数は戻り高値の1002ポイントを超えたことによって、目標達成売りが入ってきたな。

たかし
あ、11月9日のマザーズ指数の5分足チャートですね。
たしかに急に下落してたから何事かと思ってましたよ。

先輩
上のチャートのように、目標達成をするとその後けっこう急な調整が入ることがあるんだよな。
個別株でも、例えば数年来高値を更新した時とかな。
もちろんそのままブレイクして上に飛ぶこともあるが、節目を超えたところで売ると決め込んでいる大口がいると、こういう動きになりやすいんだ。

たかし
そうなんですね。デイトレレベルではけっこう危険な動きですからね、覚えておきます。

先輩
この目標達成売りによる調整がどのくらいの規模で起こるかはわからない。
もしかしたら来週はずっと調整が続くかもしれない、というシナリオは持っておいた方がいいだろう。
それから、日経平均と連動する動きではなくなってきているからな、そこも注意してチャートを見ていく必要がある。

たかし
短期間で急上昇しましたから、大きい調整には気を付けていきたいですね。

今週のNYダウを振り返る


先輩
結局ダウは強いんだなーという印象でしかないなw
もうすでに最高値から最安値の76.2%も戻したことになる。

たかし
中間選挙では下院は民主党が勝ちましたが、株価は大きく上昇しましたね。

先輩
マーケットはそういうものだよな。
事前にリスクを織り込んじゃうと、あとはイベントを通過させるだけ。
ダウの下げは茶番だと言う人の気持ちもよくわかるよな。

たかし
まあ上昇するのはありがたいですけどね。

先輩
日足の戻り高値をしっかり超えたし、75MAなんかは上向きのままだからな。
これはもうだいぶ安心感を持っていい水準だろう。
ただ、フィボナッチリトレースメントの76.4%にちょうど当たっている位置なので、少し調整が入ることは懸念した方がいいだろう。
76.4%は大して意識されるポイントでもないだろうが、マザーズ指数と同じく短期間で上昇したからな、調整は入るのが自然だ。

たかし
また最高値を更新するような動きになることを期待したいですね!

今週の相場の復習まとめ

先輩
かなり安心感が出てきた雰囲気になってきたが、それでもまだ警戒は必要だろう。
しかし、あまりビビッているとこういう相場は取りこぼしが多くなる。
特にマザーズなんかはボーっといたら一気に値幅を取って上昇してしまうからな。
リスクを取るべきところは積極的に取るという姿勢を忘れずに来週も相場に臨むといいだろう。

たかし
来週もがんばりましょう!

-チャート分析

Copyright© 先輩トレーダーから学ぶ株の勝ち方 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.