テクニカル分析

パラボリックを株チャートに表示させる意味

投稿日:

先輩
今日はパラボリックというテクニカル指標について話していこうと思う。
パラボリックもトレンド指標の1つであり、移動平均線と同じように、今現在のトレンド判定をパっと見えるようにしたものだ。

たかし
パラボリックはあまり使ってる人は多くない印象ですね。

先輩
そうかもしれないな。
あまり使ってる人が多くないということは、あまり意識されないもの、ということになってしまうかもしれない。
だが、トレンド判定にあまり自信がない、という人などには使い勝手のいい指標になるだろう。

パラボリックとは?

先輩
パラボリックは相場の転換点を示す指標になる。
その転換点のことをSAR(ストップアンドリバース)といい、SAR同士をつないだ放物線をパラボリックという。

たかし
スマホのアプリだとけっこう機能としてついてなかったりしますよね。
先輩
この赤と青の放物線がパラボリックとなり、ローソク足がパラボリックにタッチすると、そこが転換点となる。
上のチャートでは、青いパラボリックにローソク足がタッチすれば陽転
赤いパラボリックにローソク足がタッチすれば陰転 ということになる。

たかし
陽転すれば上昇トレンド、陰転すれば下降トレンド、ということですね?

先輩
そういうことだ。
ただしそのトレンドはダウ理論などによるトレンド判定とはまったく別ものの、パラボリックで考えた場合のみでのトレンド判定ということになる。

たかし
なるほど、あくまでもダウ理論によるトレンド判定や、節目の水平ラインでの抵抗帯を考慮したうえで使わなければいけないわけですね。

先輩
このパラボリックは移動平均線に少し似た役割だが、移動平均線と違うのは、点で考えるところだ。

たかし
点で考えるとはどういうことでしょう?
先輩
さっきのチャートの陰転⑤のように、下ヒゲで一瞬タッチしただけでもそれで転換したということになるんだ。

たかし
そういうことですね。まあわかりやすいと言えばわかりやすいですね。

先輩
そうだな。パラボリックの特徴はわかりやすいところだと言えるだろう。
つまり、陽転している間は買い目線
陰転している間は売り目線
というざっくりした目線の切り替えに使うことができるんだ。

たかし
転換したところを狙うわけですから、売買判断にも迷いがなくなりそうですね!

パラボリックの使い方~メリット

先輩
今説明してきた通り、パラボリックはわかりやすく、判断に迷わないことがメリットである。
しかしそれだけではなく、パラボリックはトレンドに沿った使い方をすれば、強い値動きの初動をつかめることができるんだ。
たかし
ふむふむ、強いトレンドが出ている時のパラボリックの転換は、なかなか信頼できるということですね。

先輩
もちろん上のチャートのように、陽転した瞬間買えば必ず勝てるとは限らない。
パラボリックが陽転したあとに、もっと押しを作ってから上がるかもしれないし
パラボリックが陽転しても、大きく上がらないこともあるだろう。
しかし、大きな値動きを取りに行くときは、パラボリックの陽転がいい買いエントリーのタイミングとなることも多いんだ。

たかし
パラボリックをどう使うか、かなりチャートの検証が必要になってきますね。

先輩
まあトレンド系の指標というのは強いトレンドに乗る時はなんでも機能するもんだ。
インジケーターの講義で説明してきたMACDや、移動平均線、パラボリック、どれを使うかはその人しだいということになるだろう。

パラボリックの使い方~デメリット

先輩
パラボリックには当然デメリットも存在する。
パラボリックはトレンドが出ている時に効果を発揮する、と説明してきた。
ということは、トレンドが出ていない時は使い物にならない、ということになる。

たかし
トレンドがはっきりしない時とか、ヨコヨコやもみ合いの動きの時ですね。
先輩
値動きがなく、ヨコヨコの動きの時はパラボリックを頼りにしたエントリーは無意味なものになる。
上のチャートのように、陰転①と②では売っても価格は大して下がらず
また陽転①では買っても価格は大して上がらない。
陽転②で買えばようやく上昇の動きに乗れる形になるが。

たかし
これは分足チャートですね。
パラボリックは分足チャートでも使えるものなんですか?
先輩
移動平均線と同じように、もちろんパラボリックはあらゆる時間軸で使うことができる。
ただし、時間軸が短ければ短いほど、ダマしが多くなるので注意が必要だ。


たかし
上のチャートでは、白い円で囲った部分が一瞬陰転したあと、すぐに陽転していますね。

先輩
パラボリックの性質上、一瞬でも大きく動けば転換してしまうからな。
転換した瞬間に決済するといったルールにすると、こういう動きの時に苦労することになるだろう。

たかし
大きな方向性は常に意識しておきたいですね。

トレンドに逆行したパラボリックの転換

先輩
もう1つ注意点として、パラボリックは強いトレンドに乗るためのものであるので、トレンドに逆らって使うことは絶対にしないように。

たかし
なるほど…
上のチャートでは、陽転したところで買いエントリーをすれば、天井でエントリーしてしまうことになりますね。

先輩
強いトレンドに逆らったパラボリックのエントリーは、非常にリスクが高い。
このチャートのように、スーパー高値掴みになる可能性もあるので注意すること。

たかし
あくまでもトレンド方向へ、そしてトレンドの初動を狙わなきゃですね。

パラボリックまとめ

先輩
今回はパラボリックの使い方や注意点について話してきた。
大きなトレンドの初動に乗るためのパラボリック。
非常に有効なエントリーの判断になる一方で、使い方を間違えればリスクが高いエントリーにもなる。
パラボリックをもし使うのならば、どういう場面で使えば有効になりそうか、各々でよく答えを出してから使うように。

たかし
たくさんのチャート、いろんな時間軸でパラボリックを表示させ、検証を重ねてから使うようにしましょう!

-テクニカル分析

Copyright© 先輩トレーダーから学ぶ株の勝ち方 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.