テクニカル分析

レンジブレイクのエントリーの注意点

投稿日:

先輩
もみ合いのレンジの抜けでエントリーを狙う場合、強いブレイクが起これば大きな利益が狙えることもある。
しかし、エントリーしても価格が伸びず、負けてしまうこともあるだろう。
今日はレンジブレイクのエントリー時の注意点について述べていきたいと思う。
ちなみにペナントやフラッグといった、保ち合いのチャートパターンも同様に考えてくれ。

たかし
基本的なペナントやフラッグの説明はチャートパターンの講義(前編)チャートパターンの講義(後編)を復習しましょう。

レンジブレイクでエントリーを狙う理由

先輩
まずはレンジブレイクでのエントリーを狙うメリットについて復習していこうか。
ペナントやフラッグといったレンジをブレイクした時、価格が伸びやすいのはなぜだったかな?

たかし
レンジの中でポジションが溜まっていて、ブレイクと同時にそのポジションの損切りが一斉に入るからでしたよね。
先輩
そうだな。
上にレンジブレイクすれば、売り方の損切りを巻き込んで一気に上昇していくことになる。
トレンドが発生している時、そのトレンドの方向へブレイクすれば、大きな値幅も期待できる。
先輩
このチャートのように、上へギャップアップしてブレイクしてしまい、エントリーを逃してしまうケースも多いだろう。
しかし、トレンドの途中で発生するレンジ相場というのは、多くの場合はさらなるトレンドの継続となることが多い。

たかし
ペナントやフラッグも、トレンドの踊り場のような役割になっているんでしたよね。

先輩
今あげていったチャートのように、素直にトレンド方向へ動いてくれるのならわかりやすいんだが、実際はそういう教科書通りの動きにならないことも多いから困ったもんだ。

たかし
それが今回の講義、つまりレンジブレイクのエントリーの注意点となるわけですね。

レンジブレイク後、トレンドと逆行する動き

先輩
レンジ相場で買いを狙っている時、レンジを下に抜けてしまったら買うことは普通できないだろう。

たかし
そこから大きく下がっていくイメージが強いですからね。
先輩
ところが、上のチャートのように、下へ抜けてしまったと思ったら、その場所が最高のエントリーポイントになるようなパターンがあるんだ。

たかし
そうですね、水色の円の部分で売ってしまったら相当悔しい思いをすることになりますね。
先輩
上のチャートは少しレンジの判定が難しいところだが、オレはペナントを下抜けたかなーと思って見ていたんだが、なんのことはない。
単なるN波動のチャートの動きとなって上がっていったな。

たかし
たしかに、少し引いて見てみれば、上のような波形認識ができますね。

先輩
そう、大事なのは大きな流れを見ることなんだ。
チャートの細かい部分のみに注目するようになってしまうと、ペナントの抜ける方向ばかりに気を取られ、このような大きな波形認識がおろそかになるということもある。
その結果、大きな利益を逃してしまうことになるんだ。

たかし
俯瞰的にチャートを常に見なければいけませんね。
先輩
上のチャートのように、悪意たっぷりのチャートもあるから注意だ。
2日間ダマしの下げをして、3日目に思いっきり振るい落としをかけにくる。
まあここまでひどいチャートも珍しいが、一応紹介はしておこう。

たかし
こういう値動きにはどう対応していったらいいのでしょうか?

先輩
かなり下に振ってるからな…
何日もスイングトレードをしていくつもりなら、やはり終値ベースで判断をしていくしかないだろうな。
それと、チャートの大きな方向を見失わないこと。
今例にあげた3つのチャートは、すべて25日移動平均線が上向きで、強い上昇トレンドにあることに気づいたか?

たかし
あ、本当ですね。
25日移動平均タッチすらしてないのもあるぐらい、すべて強いチャートだったんですね。

先輩
移動平均線の講義でも話したが、25日移動平均線は押し目としてよく機能することがあり、グランビルの法則も25MAがベースとして考えられているものだ。
つまり25MAが上向きで、かつ25MAに価格が反発されれば買い目線継続、というスタンスが持てるということだ。

たかし
ふむふむ、移動平均線に価格が差し掛かってきたら、握力が試されるところですね。

レンジブレイク後の値幅を確認する

先輩
レンジブレイクのエントリーの注意点としてもう1つ、値幅をよく確認することが重要になる。
レンジブレイクでエントリーをするのはいいが、そのブレイクはどのへんまで伸びそうなのか
これは節目の水平ラインを引いてよく見ておくこと。

たかし
なるほど、上のチャートのようにレンジを上にブレイクしても、窓埋めラインや戻り高値ラインで止まってしまう確率が高いと考えればいいんですね。

先輩
うむ、1つ目のレンジはまあいいとして
2つ目のレンジブレイクを狙うのは少し悩むべきところだろう。
上のチャートでは運よく戻り高値ラインまできっちり到達している。
しかし、例えば窓埋めラインが強く意識されれば、窓埋めラインの手前で価格が止まって下落してしまうこともあるからな。

たかし
結局戻り高値ラインにタッチしてから急落してますもんね。

レンジブレイクのエントリーの注意点まとめ

先輩
レンジやペナント、フラッグでブレイクしたからと言って、それが強い値動きになるとは限らない。
近くに強い抵抗帯があれば価格は止められてしまうし、大きな時間軸のトレンドに逆行していれば、その大きなトレンドの波に飲み込まれてしまうこともあるだろう。
しかし、大きなトレンドに沿ったレンジブレイクであれば、大きな利益を狙えるポイントであることも確かである。

たかし
チャートの形だけにとらわれず、全体の形や方向、広く意識して見ていきましょう!

-テクニカル分析

Copyright© 先輩トレーダーから学ぶ株の勝ち方 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.