テクニカル分析

酒田五法~古きテクニカル

更新日:

先輩
今回は、数本のローソク足の組み合わせによって相場の状況を分析する酒田五法について話していく。

たかし
江戸時代の米相場から使われている古いテクニカルですね!

先輩
はじめに言っておくが、オレは酒田五法についてはかなり否定的な見解を持っている。
酒田五法すべてを否定しているというわけでもないが、たかだか数本のローソク足だけで何を判断できるのだろう、というスタンスで話を進めていくので、そこを理解したうえでこの講義を聞いてほしい。

たかし
板読みの講義で言っていたのと同じく、局所的な話だということですか?

先輩
そうだな、週足、日足、分足をくまなく見て分析しろ、と言い続けてるオレにとっては、ローソク足数本だけでエントリーの判断を下すことなど到底容認できる話ではない。
とはいえ、酒田五法をかなり深いレベルで分析しているようなトレーダーもいるみたいだな。

たかし
手法は人それぞれですもんね。

先輩
勝っているトレーダーの数だけ手法は存在すると言ってもいいだろう。
どれが正しく、どれが間違っているか
そういう二元論的な話ではなく、どんな手法も自分の中で磨き続け、極めれば勝てる手法になっていくのではないかとオレは思っている。
酒田五法もオレは懐疑的だが、だからといって間違いであると言うつもりは毛頭ないので、そこは誤解しないように。

たかし
わかりました!
酒田五法にはどういった形が存在するのでしょうか?

酒田五法の種類

先輩
酒田五法の種類はかなり多いみたいだな。数十種類あるようなので、ここでは特に有名どころのローソク足の組み合わせについて述べていく。
ちなみにトリプルトップやヘッドアンドショルダーも酒田五法に含まれているぞ。

たかし
その他の足組みを知りたい人は、ぜひ検索して調べてみよう!

赤三兵~買いサイン

先輩
底値圏で陽線が3本出現したら、相場の転換だとして買い向かう、というものだな。

たかし
反対は黒三兵で売りサインとなりますね。
先輩
しかしなあ、これそもそもどこで底値圏って判断するんだろうな?
それに陽線3本出てから買い向かうなんて遅すぎやしないかね?

たかし
たしかに言われてみれば…

先輩
ま、酒田五法を中心にして相場を戦っていく人がいるとすれば、こういった疑問にすぐ反論できるほど見識が深くないとダメだぞ。

三空叩き上げ~買いサイン

先輩
窓を3つ作った下げ続けた時、相場が行き過ぎを示している、として買いサインだと言われている。

たかし
逆は三空踏み上げで売りサインとなりますね。
先輩
たしかに相場は売られすぎればリバウンドが起こる。悪材料が出た時の考え方でも話したばかりだな。
だがちょっと待てよ。三空で止まるどころか、もっとひどいことになってた銘柄があるんじゃないのかい?

たかし
あ、この前学んだばかりですよね。TATERUですか?
先輩
三空叩き上げに従ってエントリーするなら、ようやく寄った596円で買う事になる。
その後327円まで下がるわけだが、一体どこで損切りすればいいのかね?

たかし
まあTATERUはちょっと極端すぎましたね。

先輩
だがTATERUじゃなくても、三空なんてそもそも極端な動きだろう?
三空踏み上げというのはまさに極端な動きに対する手法なのではないだろうか。

たかし
んん、たしかにそうかもしれません…

先輩
どこでエントリーし、どこで利確し、どこで損切りするのか
こういう具体的な事が書かれていない教材や手法は総じてダメだとオレは思っている。
酒田五法もそのあたりを解説してくれる人がいれば、もっと普及するんじゃないのかねえ。

たかし
そうですね、酒田五法でエントリーするのであれば、そのあたりは自分で決めていくしかないのでしょうね。

上げ三法~買いサイン

先輩
大きな陽線が立ち、その後その陽線の中で3本のローソク足がもみ合い、4本目で大陽線が立ち高値を更新して動きだな。
これはたしかによく相場では見られる動きだが、これ何かに似ていると思わないか?

たかし
上げ三法の逆は下げ三法で売りサインですね!
んーN字の動きでしょうか?
先輩
そう!これ単なるペナントなんだよな。
ああ、ペナントがわからない人はチャートパターンの講義を復習しておいてくれ。
たかし
このローソク足を直線でジグザグと描くと、たしかにペナントの形になりますね!

先輩
ペナントはもみ合いが続くことでトレーダー達のポジションが溜まっていき、ブレイクすることで一斉に決済売りや飛びつき買いが入る動きだ。
このようにして、酒田五法もそのローソク足の背景にある集団心理を読み解くことが重要になるだろう。

たかし
もみ合いの形は江戸時代も現代も変わらないんですね!

陰の陰はらみ~売りサイン

先輩
下落相場において、長い陰線が発生したあと、その陰線にすっぽりと埋まるような形で陰線のはらみ足が発生する。
この時売り圧力が弱まっており、この後に陽線が発生すれば相場の転換として買いサインになる、というものだ。

たかし
逆は陽の陽はらみで買いサインになります。
先輩
これに関しては1つも賛同できないんだよな。
このチャートが下降トレンドだとしたら、まず考えなきゃいけないのは、トレンドが続く限りは、さらなる下落の波がきて安値更新まである、ということだろう。

たかし
僕もこの大陰線を超えていくのは相当難しいんじゃないかなと思いますね。

先輩
これだけの大陰線が発生していれば、かなり大きい出来高ができているはずだ。
となれば、順調に上げてきたとしても、大陰線の始値付近の価格帯というのは戻り売りがかなり降ってくるのではないだろうか。

たかし
捕まってる買い方が今か今かと待っているようなイメージですね。

酒田五法まとめ

先輩
今回は酒田五法の種類と、そのローソク足の背景について話してきた。
といってもほとんどはオレのダメだしになってしまったがな。

たかし
まあたまにはいいんじゃないでしょうか?けっこう新鮮でした!

先輩
最初に言ったが酒田五法を全否定するつもりはない。
オレは勉強不足なだけで、本当のところはもっと学ぶべき点があるのかもしれない。
ただ重要な事として、丸暗記して形だけを見てエントリーなどはしないようにな!

たかし
たまに単語帳のノートに書いて勉強してる人いますよね。

先輩
あれなー、ほんとやめてもらいたいもんだよ。
というかもったいないよな。それだけ勉強熱心なら、チャートを分析し続ければ勝てるようになりそうなもんだけどなあ。

たかし
覚えておいて損はないんでしょうけどね。

先輩
ああ、でも丸暗記だけはダメだ!
最低でも、どういう心理が働いて買いサインになるのか、また売りサインになるのか。
ここぐらいはしっかりおさえておかなきゃいけないポイントだ!
その上で、チャートで検証を行い、使えると思えば使えばいいだろう。

雑談コーナー

たかし
酒田五法を作った本間宗久は、酒田五法を使って米相場で1兆円を稼いだそうですよね。

先輩
1兆円っておま、そんなわけねーだろ。

たかし
本当ですよ?もっと言うなら、米相場の基準となる米市を創設した大阪の淀屋。その5代目の淀屋辰五郎は200兆の資産があったと言われています!

先輩
200兆だとー!?国家予算どころの騒ぎじゃないなおい。てかなんだよその豆知識は!

たかし
歴史好きなんですよ。

先輩
あーだから酒田五法だけは変に詳しかったのかw
納得納得。

-テクニカル分析

Copyright© 先輩トレーダーから学ぶ株の勝ち方 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.