チャート分析

サンバイオショックとマザーズ指数

投稿日:

先輩
ついに来てしまったか。

たかし
サンバイオが治験失敗によりストップ安張りつきになってしまいました。
マザーズ全体もそれに影響を受け、大幅安となってしまいましたね。

先輩
あれだけ高騰していたから、みんないつかは来るだろうとは思っていたとは思う。
しかし意外と早いタイミングだったし、マザーズ指数の見方も変えていかなければならないかなと思うところだ。

サンバイオの週足チャートを分析する

先輩
バイオ祭り到来!?でも話してきたことだが、サンバイオは週足で見ても5波目の最終局面だったことはわかるだろう。

たかし
エリオット波動恐るべし…

先輩
まあでもパっと見の波を見るときれいに見えるけど、実際は規模がバラバラなんだよね。
エリオット波動を極めようでも話したが、波の規模は変化率で見ていくものだから、このチャートは決してきれいな形とは言えない。

たかし
それだけ暴騰してきたということですねー。

先輩
そうそう、大きく動きすぎると波を引くのが難しくなるんだ。
上のチャートでは2波は50%ぐらいの調整が入ってるのに対し、4波は25%ぐらいしか調整が入っていない。
しかし、値幅だけを見れば4波の方が大きく下落している、ということになる。

たかし
なるほど、でもそう見ていくしかなさそうなチャートにも見えますね。

先輩
うむ、他の見方として有力な候補がない以上は、この見方でいくしかないって感じかな。
ま、とにかく最終局面の波の切り替わりは危ないってことなんだよ。

たかし
今回のサンバイオで言えば、5波からa波への切り替わりですね。

先輩
買い方であれば、5波からa波への切り替わりが最も危険だし
売り方であれば、c波から1波への切り替わりが最も危険なんだ。

たかし
深追いは禁物ってことですね。

先輩
特に5波は弱い時も強い時もあるからな。
基本的に3波天井を超えてきたらもう手を出さない方がいい。

たかし
ふむふむ、サンバイオでいうなら9880円のところですね。

先輩
実際にはその後も12730円まで上昇してるから、まだまだ上がるだろうなんて思いがちではあるけどな。

たかし
日足チャートでもしっかり上昇を続けていたんですけどね、天井圏からの悪材料発生となってしまいましたね…

サンバイオの日足チャートを分析する

先輩
日足チャートもエリオット波動を細かく分析していけば、5波目のいよいよラストっていう感覚は持てたんじゃないかな。

たかし
赤い波の中に青い波があるんですね。

先輩
これも変化率の関係で難しいところではあるんだが、大きい5波の中で、細かく5波を打ったら、いよいよ最後かなと思うようにするといいだろう。

たかし
最後に思いっきり上昇して長い上ヒゲの陰線となったわけですね。
先輩
いわゆる典型的な天井をあらわすサインだね。

たかし
1番最後にこうやって出来高も伴って、狂ったように上げて終わるチャートって結構ありますよね。

先輩
まあそうやって天井のサインが出てくれたおかげで、けっこう今回の下落をくらわずに済んでる人もいるんじゃないかな。
実際、この日に「天井っぽい」とか発信していた人はツイッターなんかでも割といたように記憶している。

たかし
んーそう考えると、割とわかりやすい天井のサインが出て、そこから6日間逃げ場があったという見方もできますね。

先輩
逃げ場があったのは良心的だと思うけど、下方修正を受けて上昇したのが余計だったよなー

たかし
急落前の前日ですね。これはさすがに悪意を感じてしまいますね。

先輩
ああ、悪意しか感じない。

アキュセラショックとの比較

先輩
ここでアキュセラショックと今回のサンバイオショックを比較してみようと思う。


たかし
6連続ストップ安ですよね…

先輩
やはり改めて見ても、アキュセラの時は逃げ場が一切ないよなー。
初動は大陰線になってるけど、たしかザラ場中も一気にストップ安に張り付いて、逃げ場はなかったように記憶している。

たかし
これは厳しいですね。
今回のように売りサインが出ていたわけでもなさそうですし…

先輩
だからこそ、この時はかなりの数の個人が巻き込まれる形となってしまったんだよな。
今回のサンバイオの下落は、アキュセラショックがあったからこそ防げたという人も多いんじゃないかな。

たかし
まだアキュセラショックから2、3年しか経っていませんし、警戒していた人は多いでしょうね。

先輩
実際サンバイオをもろに食らったって人をほとんど見かけないんだよな。
アキュセラの時と違って巻き込まれた個人は少ないかもしれないな。

たかし
アキュセラショックの時はマザーズが上昇トレンド真っ只中だったし、今は下落の中のリバウンドみたいな動きですから、そういった環境の違いもありそうですね。

先輩
うむ、ただやっぱり数人はサンバイオをもろに食らった人も見かけて、かなり憔悴しきってるような感じだったな…

たかし
つらいですね。

先輩
こういう事が起こるたびに、改めて資金管理の重要性については考えなければならないな。
株は余裕資金でやらなきゃいけないし、いつでもリスクには敏感でなければならない。

たかし
絶対に信用全力などはやってはいけません。

先輩
ただ、資金をぶっ飛ばしたってまたやり直すこともできるんだ。
また資金を用意して、出直せばいい。
何も命まで取られるわけじゃないんだから。

たかし
そうですね、少ない資金から大きく増やしていく人はけっこういますからね。

先輩
これを機にしっかり勉強し、真摯に相場と向き合っていけば十分可能だろう。
それに、みんな1度は大きくぶっ飛ばすもんだ。
大きくぶっ飛ばしながらも上達し、資金を増やしていく。
株なんてそんなもんだ。
そういう図太さも必要だろう。

たかし
落ち込んでいる人たちに届くといいですね。

サンバイオショックが与えるマザーズ指数への影響

先輩
まいったなー
マザーズ指数は押し目形成からもう少し上を目指すと思っていたんだが。

たかし
今日は77.8ポイント安の883ポイントまで下落しました。
しかし、サンバイオがどこまで下がるのか不透明なので、マザーズ指数もどうなってしまうのやら…
先輩
今まで同じような規模の押しや戻りを形成しながらの動きだったので、今回もそうかと思っていたんだが…
さすがにこれ以上の下落を見せるようなら、このシナリオは完全に破綻するよな。

たかし
んー、そうなるとまたここから下降トレンド入りするのでしょうか。

先輩
また更なる安値を目指すような動きになっても不思議はないだろう。
でも正直よくわからないな。
短期的に大きく下落すれば、強いリバウンドを挟んだりもするだろうし。
まあ、かなり難しい動きになりそうだね。

たかし
んー、またしばらくは静観すべきところみたいですね。

先輩
今が絶好の買い場!と言ってる人もけっこう見かけるが、あえてこんな難しいところで勝負しなくてもいいかなとは思う。
ただでさえ、ダウや日経も難しい位置にいるからな。

たかし
そうですね、少し様子を見たいところですね。

サンバイオショックまとめ

先輩
上昇しすぎたものは手を出さない
資金管理を徹底する
天井のサインを注目する
波の切り替わりに注意する
バイオは触らない
今回のサンバイオショックから得られる教訓は人それぞれあったんじゃないだろうか。

たかし
今後のトレードにぜひとも活かしていきましょう。

-チャート分析

Copyright© 先輩トレーダーから学ぶ株の勝ち方 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.