チャート分析

9月2週の日経平均、NYダウを分析する

投稿日:

先輩
今週は、先週のレンジブレイクによる上昇の流れが継続され、続伸する動きとなった。

たかし
押し目無く連日上がり続けていますね。
日経平均も節目をいくつも上抜けて、一気に22000円まで回復しました。

米中貿易に対する不安後退と、利下げの織り込み

先輩
今週の強さはちょっと驚かされたなー

たかし
日経平均は9連騰で上昇幅1368円ですか、ここまで強い日経平均はなかなか見れるもんじゃないですね。

先輩
先週の相場分析では21500円近辺までの上昇では、まだまだそこから下がっていくイメージも持てると考えていたが、まさか22000円まで一気にいくとはなー。

たかし
21500円も節目となっていましたが、7月の高値21800円どころも抜けていきましたからね、下降トレンドを一旦終了させる上昇となりましたね。

先輩
こういう想像を超える動きがたまにあるから相場ってのは難しいんだよなー。
色んな人の見解を普段からよく見ているが、実際ここまでの動きをイメージできている人は誰もいなかった感じだったな。

たかし
個人投資家はかなりやられてしまったみたいですからね

先輩
まあ先物投資家はそうかな。現物の投資家達にとっては素晴らしい上昇となったね。
で、なんでここまで上がっているのか、というとこれがよくわからないんだよなw

たかし
今週はたしかに好材料となるニュースはいくつかありましたが、ここまで上がるのか、という違和感はたしかに感じますねー。

先輩
もちろんメジャーSQによる仕掛け、ということもあったかとは思うし、来週のFOMCを見据えた利下げを織り込んだ動き、ということもあっただろう。
ただ、その他のニュースに関して言えば、やはりトランプ大統領による相場操縦であるという印象が強い。
例えば、減税のニュースなんかはまさに支持率回復のカードとして使っているよね。

中間層への減税再び浮上=来年公表、大統領選対策-トランプ政権
たかし
減税の話はこれまでにも出ていましたが、果たして支持率の回復をはかることができるのかどうか。

先輩
それから米中貿易問題。
今週はずいぶん米中貿易に対して安心感が出てきた、などというムードになっていたが、これも中身を見てみるとまだまだ何も決まっていないんだなという印象だ。

トランプ氏、中国と「包括的な合意」望む 暫定協定の検討も
たかし
10月1日に予定されていた中国製品に対する関税の引き上げが10月15日に延期されたことも、好感されていましたね。
ただ、この記事にも書いてある通り、根本は何も変わっていないという感じはしますね。

日経平均は下降トレンドを終了させる上昇

先輩
日経平均は7月高値を超えてきたので、このあとの押し目をしっかりイメージしておきたい。
そして押し目をつくったあと、年初来高値の22362円をターゲットにして再度上昇するのではないだろうか。

たかし
今後の押し目はどのぐらいの値幅になるのでしょうか。


先輩
こちらは4月の年初来高値からの日経平均の日足チャートだが、大きな波を見ると大体このぐらいの規模で動いている。
ということは、大きな押し目としては600円~800円ぐらいをイメージしておきたい。

たかし
なるほど、ただいつ押すのかがわかりませんね。

先輩
そうだなー、基本的には前回高値を超えてきたので、今すぐにでも押しても不思議はない。
しかし先ほど説明した年初来高値がもう近くに控えているので、そこまで一気に上がっていくイメージも持てるな。

たかし
今週の勢いを考えると、それもあり得ますよね。

先輩
なので、こういう動きの時はとにかく新規でポジションを取る事が売りでも買いでも難しい。
まずはしっかり押しの波が出来上がるのを見てから、ロングを仕掛けていくのがもっとも勝ちやすいのかなと考えている。

NYダウは最高値手前の水準

先輩
NYダウの方は、最高値の手前まで上昇を見せている。
先週の相場分析では、8月初めの下落の起点までは強い売り圧力になっていると説明したが、その強い売り圧力をしっかりこなしながら今週は上がってきた。


たかし
来週はここを上抜けるかどうかですね。

先輩
ただ、ここ2日間は上下にヒゲをつくる十字線のような日が続いているんだよな。
やはりここらで少し売りが強まってきているようにも見えるし、ここで一旦調整に向かうという可能性もありそうだ。
まあFOMCを控えた値動きということもあると思うので、FOMC次第という感じになりそうだな。

たかし
FOMCは9月17日~18日に開かれます。
今回も0.25%の利下げがコンセンサスとなっています。波乱なく通過となるのかどうか、注目しましょう。

今週の相場分析まとめ

先輩
非常に強い転換の値動きが続いており、売り方にとっては厳しいものとなった。
個人的にも今回の動きはかなり難しかったと考えている。
こういう一方向の動きの時に大きく負けないよう、常に損切りの重要性は忘れずにしたいところだ。

たかし
今週もお疲れ様でした。

-チャート分析

Copyright© 先輩トレーダーから学ぶ株の勝ち方 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.