株初心者向け

株における指標の読み方

更新日:

先輩
しっかし最近の日経はほんと強いなあ。こんな平和が続くのも珍しいもんだ。

たかし
この地合いで勝ててない僕は全然実感ないんですけどね…

先輩
そりゃおまえ、マザーズみたいな小型株は全然強くないからな。何買っても勝てるアベノミクス相場とは違うだろうよ。

たかし
素直に大型株だけで勝負してればよかったかなあ…

先輩
その前にちゃんとマザーズ指数の日足や週足見てんのか?どう見たってダラ下げチャートだろ。勝ちにくいのは当り前さ。

たかし
たしかに、改めて見るとそうですねえ…

先輩
まったくしょうがないやつだな。じゃあ今日は指標の見方について話してやるか。
今回はテクニカルの話ではないが、日経平均しか見てないようなおまえにはためになる話だろう。

たかし
よろしくお願いします。個別株をトレードする時、その株のチャート以外に何を見る必要があるのでしょうか?

先輩
まず日経平均は絶対だ。
日経平均さえしっかりチェックしていれば、全体の地合いの方向に沿ったトレードができるわけだからな。
では、日経平均はそもそも何によって動いているのだろうか?
まずはこのあたりについて理解が必要になってくる。

たかし
最近は穏やかな値動きだから、日経平均の動く要因なんか考えてもいなかったですね。

基本の基本はNYダウと為替

先輩
まあな、平和な時は特に注意して見る必要もないのは確かだな。
さて、日経平均の方向を決める要因の基本はNYダウドル円だ。
まあわざわざ述べるほどでもないぐらい、誰もが理解していることだとは思うが、アメリカ市場が上がれば翌日の日経平均も上がりやすい。

たかし
ドル円なら円安になれば日経平均が上がりやすいですね。

先輩
ただドル円に関しては、多少の変動ではそれほど翌日の日経平均には影響を与えない印象だな。
割と大きく動いた時は注目するようにすればいいだろう。
ドル円が夜間に大きく動いた場合は、そこから朝にかけてどう動いているか、また日本の市場が開く9時からどう動いているか、しっかりチェックしながらトレードすることをおすすめする。

たかし
FXをやっていないと、あまり見ることもないのですが、毎朝チェックするようにしたいと思います!

先輩
それからこれも基本の基本になるが、日経平均、ダウ、ドル円の3つは必ず日足、週足、月足を事前に確認するように。
今現在、全体地合いの相場環境はどういう状態なのか?
すべてが同じ方向を向いていれば、かなり勝ちやすい相場だと言えるだろう。
すべてがバラバラであれば、かなり難しい相場だと言えるだろう。
トレードは難しい時にムリをする必要なんてないのだからな。

新興銘柄の場合

先輩
マザーズ銘柄など新興銘柄の場合は、日経平均やドル円やダウに加えて、必ずマザーズ指数を確認するように。
なぜかというと、マザーズは日経平均とまったく違う動きをすることがよくあるからだ。

たかし
たしかに、日経平均が下落しているのにマザーズは上昇したり、その逆もよく目にする光景ですね。なぜこんな動きになったりするんでしょう?

先輩
これは資金の入り方が循環していくという相場のサイクルがあるからなんだ。

たかし
サイクル??
先輩
どういうことかと言うと
・幅広い銘柄に資金が入る時
・大型株中心に資金が入る時
・小型株中心に資金が入る時
・あらゆる銘柄から資金が抜ける時
などなど、資金の入り方はある一定のパターンの繰り返しなわけだ。
大型株中心に資金が入る時は小型株に資金が入らなかったりするし
小型株中心に資金が入る時は大型株に資金が入らなかったりする。

たかし
それが日経平均とマザーズの逆転現象を生み出すわけですね!

その他の指標は見なくてよいか?

たかし
日経平均、ダウ、ドル円 新興の場合はマザーズ指数
常にこれらだけを注目しておけばそれで大丈夫でしょうか?

先輩
大体の場合はそれでOKだ。
ただし、下げ相場の時はそれだけではダメだ。
全世界が注目しているような悪材料が出てる場合は、その材料にもっとも影響を受ける、というようなことがしばしば起こるんだ。

たかし
ニュースになっているような悪材料ですか?

先輩
そうだ、例えば欧州の危機がクローズアップされれば、欧州市場によって日経平均も連動していくことになる。
近年では欧州の他に、チャイナショックの時は中国市場、原油安問題の時は原油価格が世界の市場に大きな影響を与えていた。

たかし
2万円以上あった日経平均が、1万5千円を割ってましたよね…今振り返っても恐ろしい値動きです。

先輩
その時に比べれば大したことはないが、最近ではトルコリラの暴落によって日経平均も連れ安になっていたな。
まさかトルコリラに日経平均が連動する日がやってくるとはな…

たかし
連れ安になるというのはアルゴによるものだと聞いたことがあるんですが?

先輩
そうだな。今はほとんどがアルゴによる売買、つまり機械的な自動売買が主流だからな。例えばトルコリラが下がれば連動して、日本株を売るようなプログラムが組み込まれていたんだろう。
まあオレは中の人じゃないからな、真相のところはわからんが。

たかし
そんなプログラムで果たして勝てているんだろうか…

先輩
さて話を戻すが、特に中国市場のように日本市場と時間がかぶっているようなものは要注意だ。
中国市場がオープンした瞬間、日経平均も暴落していく、といったことがチャイナショックの時は何日も続いたんだ。

たかし
あの時は中国崩壊、みたいなニュースが飛び交っていましたよねー

先輩
まあ、とにかく下げ相場の時はどんな材料でもそれが口実にされて下げていくもんなんだ。
今もっとも意識されている指標は何なのか?
このポイントをしっかりおさえて各指標に注目するようにな。

主役が引っ張るパターン

先輩
ちょっと特殊な例だが、1つの銘柄が注目され、その銘柄の価格の上下に連動して全体が動く、というパターンもあるぞ。
特にテーマ株相場になると、その傾向が顕著に表れるんだ。

たかし
テーマ株相場というのは、1つのセクターが注目され、そのセクター内のあらゆる銘柄が物色されるような相場ですね!

先輩
フィンテック相場の時はさくらインターネットやインフォテリアが主役として、フィンテックをやってる会社はどこもかしこも買われていたもんだ。
バイオ相場の時は、そーせいグループが主役として、あらゆるバイオ株が買われていた。
この時は、マザーズ指数自体がそーせいと連動するという現象が起きていたんだ。まさに牽引役と言える存在だったな。

たかし
マザーズのような小型株で起こる現象なんですね。

先輩
それがそうでもないんだよ。
2016年の夏、任天堂はとんでもなく活況だったんだ。

たかし
あ、もしかしてポケモンGOの配信の時じゃないですか?

先輩
そうそう。ポケモンGOに関わってるような銘柄もバンバン上がっちゃっててさ。
なにより驚いたのは任天堂の売買代金だよ。
1日で7323億という個別株では過去最高の記録をもたたき出したんだ。

たかし
7323億ですか!?東証1部全体の売買代金が3兆円前後だから、とんでもない規模ですね…

先輩
はっきり言って任天堂だけで日経平均もだいぶ押し上げていたからな。ああいうことも起こるんだなと、オレも驚かされたケースだったよ。

たかし
任天堂といえば外人が好きな銘柄ですもんね。
やはり外資がしっかり入ってくると大きく動くものですね…

株ニュースの見出しについて

先輩
さて、悪材料に注意しろと説明を先ほどしたが、たしかに世界情勢に注目するのは大事なんだが、あまり敏感になりすぎることはない、ということを説明しておきたい。
各証券会社や株のニュースサイトなどでは
「今日は〇〇の影響が懸念されて売り注文が先行しました」
などと、もっともらしいことが書かれているが、ああいうのはウソだから別に見なくてもいいからな!

たかし
ええ!?さっき言っていた、口実にされているだけって話ですか?

先輩
まあそういうことだ。
ウソってのはちょっと語弊あったが、ただ、ちょっと上がったり下がったりしただけでも、ニュースでは「〇〇の影響」と理由づけをするだろ?

たかし
まあ「今日は買い注文の方がわずかに多かったので上がりました」なんて言えませんからねw

先輩
多少の上げ下げに大きな理由なんてないんだよな。
単なる誤差の範囲、単なる需給でしかないんだ。
証券会社や株サイトではそういった情報の他にも、おすすめの銘柄特集だったり、アナリストの評価だったり、いろいろな情報を提供している。
でも、そういう情報で稼ぐことができるほど相場は簡単には勝たせてくれないのさ。

たかし
アナリストの的中率とか悲惨なものですよね。素人と大差ありません。

先輩
もちろん、参考になるところは参考にしてもらってもいいとは思うがな。
でもそういった情報を見ることに時間を割くのであれば、チャートを見る時間をもっと増やした方が勝てるようになるぞ
と声を大にして言いたいところだ。

株における指標の読み方まとめ

先輩
各指標の見方、見るべき指標について述べてきた。

・日経平均、ダウ、ドル円をしっかり事前に各時間軸で把握しておく
・マザーズについてはマザーズ指数もしっかり見る
・世界的な悪材料には注意する
・1つの銘柄の動きが注目されることもある何が意識されている相場環境なのか、気にしておく
・アナリストは当たらない

どれだけテクニカル的に素晴らしいエントリーができたとしても、全体の流れに対して逆張りだとあっさり負けることもあるからな。全体の流れ、雰囲気というのは重要なものなんだ。


たかし
全体の相場環境がどうなっているのか、常に意識をして、流れに沿うトレードを目指そう!

-株初心者向け

Copyright© 先輩トレーダーから学ぶ株の勝ち方 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.