メンタル・書籍

書評~人生は楽しいかい?

投稿日:

先輩
今回はゲオルギー・システマスキー著 「人生は楽しいかい?」を読んでみた。

たかし
書評は久々ですね。

先輩
本は継続して色々読んでいるんだが、ここしばらく駄作ばかりに当たってしまってな。
ようやく良書を引き当てたって感じだ。

たかし
どんな内容の本なのでしょうか?

システマ~ロシアの軍隊が用いる格闘術

先輩
今回も読み聴かせのAudible(オーディブル)で聴いてみた。
時間としては6時間半ぐらいの内容だが、内容が笑えるような小説形式になっているため、あっという間に読めてしまうと思う。

たかし
Audibleは無料でお試しできますので、興味のある方はぜひ登録してみてください。

先輩
この本は、システマを日常生活に取り込み、人生を変えていく具体的なやり方を小説形式で面白おかしく説明している内容になっている。

たかし
システマとはなんなのでしょうか?

先輩
システマというのはロシアの軍隊格闘術で、護身術として日本でもそれなりに普及しているみたいだな。
ロシアの合気道といったところだろうかね。

たかし
へえー、今回はスピリチュアル本というジャンルではなさそうですね。

先輩
オレも最初はシステマの事を知らなったので、また潜在意識の話に結び付ける内容になるのだろうか、と思いながら読んでいた。
しかしまったく潜在意識の話とは違い、純粋にシステマの核となる部分の説明が続く内容になっていた。

たかし
なるほど、新たなジャンルの本を読むことで、また新しい学びが得られそうですねー。

冴えない営業マンとロシア人の出会い

先輩
あらすじを話すと、主人公は冴えない若手営業マン。
ある時、電車の中で後輩の女の子がチンピラにからまれる。
恐怖で何もできなかった主人公だったが、関西弁の陽気な外国人が助けに入り、事なきを得た。
主人公は自分の無力さが恥ずかしくなり、自分を変えたいと強く思った。

たかし
おお、表紙の太ったおっさんが、関西弁の陽気な外国人ってことですね。

先輩
主人公は偶然にも取引先の会社で、その外国人に再会する。
彼は自分はロシアの特殊部隊にいたのだと言う。
彼に仕事の愚痴をこぼすと、彼はシステマの基本的な考え方を通じてアドバイス(指令)をくれた。
この怪しいロシア人を疑いながらも、彼の指令をこなしていくうちに、主人公に変化がおとずれる。
とまあ、こんな内容だ。

たかし
登場人物も個性が強そうで面白そうですね。

先輩
普通に小説として読んでも面白いと思う。
主人公は、このロシア人にラーメンをおごる代わりにアドバイスを受けるのだが
このロシア人が日本の餃子に感銘を受けるところとか、笑ってしまうような描写も多い。
ロシアにもぺリメニという餃子にすごく似た料理があるようだね。

たかし
ぺリメニ…水餃子のような、シュウマイのような…?

システマを日常生活に取り入れる

先輩
このロシア人はシステマを主人公に教えていくわけだが、なにも格闘技を教えるわけではない。
もっと基本となる、例えば呼吸や姿勢といった部分を教えるんだ。

たかし
呼吸や姿勢?

先輩
例えば過度に緊張をしている時は、まずは自分の呼吸に意識を向け、呼吸を整えることを試みる。
そして姿勢をただすことによって緊張を和らげる、といった方法を教えてくれている。

たかし
たしかに、スピーチの時など緊張した時は、呼吸が浅くなり姿勢も下を向いてしまったりするものですね。

先輩
どんな時も、平常心でいること。
平常心こそもっともパフォーマンスをあげるために重要なことである。
平常心でいるためにシステマの考え方はおおいに役に立つ、ということだな。

たかし
何事も、あせってはうまくいきませんからね。

先輩
ま、トレードなんかも初心者のうちは、ポジションを取ればドキドキし、いちいち値動きに一喜一憂する。
もうこうなってはすでに負けやすい状態と言ってもいいだろう。

たかし
ああ、耳が痛いです…

先輩
勝つトレーダーは、上昇も下降も想定済みなのでいちいちドキドキすることはない。
平常心でトレードをする術を、この本を通じて学べるかもしれないな。

たかし
さっそく読んでみたいと思います!

-メンタル・書籍

Copyright© 先輩トレーダーから学ぶ株の勝ち方 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.