テクニカル分析

短期急騰株の押し目買いの手法

投稿日:

先輩
短期的に急騰したような銘柄はたいてい天井をつけたあとに大きな調整がくる。
多くの人は大きな調整がきたことで、この銘柄はもう終わったとして監視から外してしまいがちだ。

たかし
そうですね、ダラダラ毎日下げ続けるものが多いので段々と注目しなくなってしまいますね。

先輩
短期急騰の調整が終わったあとは、大きな上昇が再び起こることも多い。
今日はそのような短期急騰後の押し目買いの考え方について説明していきたいと思う。

たかし
急騰している銘柄は毎日ありますから、対象となる銘柄は多そうですね。

短期急騰後のチャートの形

先輩
まず、短期急騰した株価がその後どのような動きになりやすいのか、これは大きくわけて3パターンあると考えられる。

たかし
ふむふむ、3パターンですね。

短期急騰後、調整してさらに続伸するチャート

先輩
まず、このように短期急騰後、調整したあとにさらに続伸していくパターンだ。
エリオット波動N波動。第1波、第2波、第3波の流れだな。
もっとも狙っていきたいパターンだが、このような動きになる銘柄はやはり少ない。
相場の主役になるような銘柄の動きと言えるだろう。

たかし
こういう動きの第2波を拾えれば最高ですよね!

短期急騰後、全戻ししてしまうチャートの形

先輩
次は、このように短期急騰後、たいしてリバウンドもせず全戻ししてしまうパターンだ。
こういう動きになるケースはそれほど多くはないが、このチャートの形こそ押し目買いを狙う際にはもっとも注意しておきたい動きになる、
まあこの銘柄の場合は700円から800円にかけて多少リバウンドはあったが、それでも急騰前の価格をさらに下に抜いていくなどという動きは珍しいと言える。

たかし
マザーズ指数の急落に完全に巻き込まれてしまったような形ですね。

短期急騰後、リバウンドをしてさらに下落するチャート

先輩
最後に、短期急騰後、それなりのリバウンドをつけてさらに下落するパターンだ。
水色のラインでローソク足が潰れてしまっているが、各々のチャートで確認してくておいてくれ。
短期急騰後はこの形がもっとも多いのかなとは思う。
リバウンドとはいえ、うまくエントリーができれば大きな値幅を取れるので、ぜひ狙いたいチャートの形となる。

たかし
この銘柄も2000円近くリバウンドしてますからね、エントリーと利確のタイミングが重要になってきそうです。

短期急騰後のエントリーポイント

先輩
それでは短期急騰後、具体的にどういうポイントでエントリーを狙っていけばいいのか話していきたいと思う。
と言ってもすべて水平ラインの講義ダウ理論の講義で教えたことの復習みたいなものだ。

たかし
ということは押し安値などの節目で狙うということですね?

先輩
そうだな。短期急騰後は窓埋めライン、押し安値ライン、急騰の起点のライン、この3つを狙っていくのを基本に考えるといいだろう。

たかし
ふむふむ、節目の基本ですね。それなら狙えそうです。

IPSのチャートの押し目エントリー

先輩
先ほどの3本のラインを引いてある。
まず窓埋めラインで反発するのかを見て、反発しなければ急騰の起点ライン、そして押し安値ラインまで見る。
押し安値ラインを割るようなら、先ほどのメドレックのチャートのように、もう狙う価値はないとオレは判断する。

たかし
そうか、ほとんどのケースが窓埋めライン、急騰の起点ライン、押し安値ラインの順になりますもんね。

先輩
このチャートのように、きれいに窓埋めライン付近で反発するケースも多いので、しっかり見逃さず狙っておきたいところだな。
25MAもすぐ下にあったため、こういうところは反発の確率がやはり高まると言えるだろう。

たかし
そういえば押し目をはかる時にフィボナッチリトレースメントを使う事を習いましたが、こういう時でも使った方がいいんでしょうか?

先輩
フィボナッチリトレースメントの講義では38.2%、50%、61・8%の3つを中心に見ていくと説明してきたが、こういった短期急騰株の調整は大抵はさらにそれより深い押しが入る事が多い。
なので、あまりフィボナッチリトレースメントが参考になることは少ないかもしれないな。
このチャートもたしか72%ぐらい押していたと思う。
まあ機能はしにくいが、常にフィボナッチリトレースメントを意識することは重要なので、続けていくといいだろう。

たかし
わかりました。全戻しのパターンを警戒しつつ、うまく狙いたいですね。

農業総合研究所のチャートの押し目エントリー

先輩
このチャートも窓埋めライン付近でしっかり反発した形になったな。
ただしこれは下ヒゲで一瞬のタッチとなってしまったので、これを拾うのは事前に狙っていないと不可能だろう。
ま、こういうの拾えると嬉しいんだよな。日頃しっかりチャートを研究してる恩恵って感じでさ。

たかし
あーわかりますそれ。
ところでこのチャートの急騰の起点ラインや押し安値ラインってどの辺が正しいんでしょうか?

先輩
いいところに気づいたな。
こういう節目がはっきりしないチャートの形というのは、悩む必要はないんだ。
なぜなら、自分がはっきりしないと思うのなら、他の人も同じだからだ。

たかし
じゃあラインを引いても意味はないと?

先輩
水平ラインってのは多くの人が意識しているからこそ反発するわけで、はっきりしないラインなんてのは節目として機能しにくいんだよ。
オレがいつも山や谷がはっきりしたきれいなチャートを狙えって言ってるのはそういうことだ。

たかし
なるほど、ではこのようなチャートは窓埋めラインで反発しなければ、もう深追いはしない方が良さそうですね。

シンバイオのチャートの押し目エントリー

先輩
3つのラインはどれか1つだけ機能するというわけではない
まず窓埋めラインで反発し、その後急騰の起点ラインでまた反発、というケースも十分起こり得ることだ。

たかし
でもこのチャートは窓埋めラインではまず反発してますが、その後は中途半端な位置からの反発になりましたね。

先輩
ま、そんなもんさ。
テクニカルは万能じゃないし、ドンピシャで当てるためのものでもない。
ただ、切り返す前はちょうどマザーズの暴落の時だったからな、もしあの暴落がなければ急騰の起点ラインあたりで踏ん張ってたかもしれんな。
後付けと言われてしまえばそれまでの話だがな。

たかし
そうですよね。あれだけの暴落ではさすがにテクニカルでサポートしきれるものではないですよね。

ネオスのチャートを分析する

先輩
昨日のデイトレの講義でも紹介したが、ネオスの空売りはしっかり取れたか?

たかし
いやあ、今日日経平均めちゃくちゃ強かったじゃないですか…だから売りはしてなかったですよ。

先輩
おまえなあ、せっかく昨日チャンスだと教えてやってるのになあ…
まあ地合いに沿えといつも言ってるからしょうがないかw
で、このネオスはどこまで下がるのか知らないけど、しっかり監視はしとくようにな。

たかし
ネオスもずいぶん急騰してきましたからね。
先輩
ネオスの窓埋めラインは1000円という桁替えの節目もほぼ重なっているので、ここのサポートはかなり強いだろうと想像できる。
さらに、押し安値ライン急騰の起点ラインもほぼ同じような位置になるので、ここも強いサポートラインになるだろう。

たかし
なるほど、このあたりまで株価が落ちてきたら要注意ですね。

先輩
シナリオを考える重要性の講義で話した通り、もちろんこれらのラインを下にぶち抜くシナリオも忘れずにな。

たかし
その時は相当な売り圧力が降ってきてるということになりますね。

短期急騰株の押し目買いの狙い方まとめ

先輩
短期急騰株のエントリーについて話してきた。
うまくエントリーできれば短期的に利益を大きくあげることができる手法だが、反面、全戻しのリスクや、大きなボラティリティで揺さぶられるリスクもつきまとう事を忘れないようにな。

たかし
資金管理、ロットの調整はしっかり行いましょう!

-テクニカル分析

Copyright© 先輩トレーダーから学ぶ株の勝ち方 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.